東京から、あたらしくしよう

緊急事態宣言は延長へ。追加の財政出動が必要不可欠、今なお「児童手当」増額も有効な一手か

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

GWの連休も最終日となりましたが、緊急事態宣言の延長は不可避という状況となっています。

こうなれば、経済を支えるために追加の財政出動は不可避です。

菅総理は三度目の緊急事態宣言を発令するにあたり、「補正予算を組む予定はない(予備費で対応する)」と明言されましたが、さらに状況は逼迫しました。

ここは消費税の減税検討も含めて、国会会期中の5月に補正予算編成に踏み出すべきでしょう。

追加の財政出動を行うとして、では何にどう支出をするべきか。

現金給付を再び行おうにも、結局はこの1年でマイナンバーを活用した振り込み制度などに絶望的なほど進展はなく、また同じことをやろうとすれば膨大な時間がかかり、自治体負担も激増することがネックです。

そこでちょうど一年前にも議論の俎上に上がっていた、児童手当の増額なども一手ではないかと思います。

↑昨年3月の私のTweet

社会起業家の駒崎弘樹さんが、緊急事態宣言下で子どもたちに負担のしわ寄せが向かっていることに強い怒りを表明されていました。子どもたち・子育て世代に手厚い補償を向けるのは政策としても合理的なはずです。

児童手当はすでに実装されているスキームで、自治体もすべての情報を把握していますから、これを増額することは追加制度による現金給付よりも遥かにスムーズに行えるはずです。

コロナ禍がスタートして1年以上経っても、まだこうした弥縫策を考えている状況がそもそもいかがなものかという気持ちは大いにありますが…BI(ベーシックインカム)的な制度を構築する十分な時間があったのに。。

国民民主党も現役世代に向けた現金一律給付を提案しており、やり方はともかく、迅速に・必要な人にお金が行き渡る仕組みで実行する必要があります。

まだトンネルの出口が見えない三度目の緊急事態宣言。医療体制の充実・立て直しはもちろんのこと、追加の財政出動・経済政策についても党内で議論を深めて提案してまいります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ