東京から、あたらしくしよう

「中抜き」を許すな。減税やマイナンバー整備でお金をシンプルに手元に戻すべし

日々のこと

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

平時と異なり財政出動は容認される局面だとしても、やはりこうした「中抜き」問題、古い利権体質の政治については声を上げ続けていかなければいけないと思うのです。

給付金業務、97%を電通に再委託 不透明な769億円:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASN5Y6R35N5YULFA00P.html

持続化給付金について多額の事務事業費が計上され、しかも実態のない団体が20億円もの「中抜き」をしている構造が指摘をされています。

加えて再委託先は言わずとしれた大手企業であり、この費用にかかる根拠も強く疑問視されるところです。

こうした持続化給付金の支給はそもそも、マイナンバー制度をしっかりと整備をして直接給付ができる仕組みにしておけば発生しなかった問題ですし、今後に備えて来年と言わず今国会で立法して整備をしておくべきでしょう。

観光割引、事務費が3000億円 「高すぎる」と野党が問題視
https://www.47news.jp/4861302.html

そしていわゆる「旅行クーポン」問題も根深いものがあります。

そもそも様々な業種が苦しい中で特定産業だけに決め打ちで支出をする構造も問題な上に、これまた政策実行にかかる事務費が「3000億円」!!

こんな多額の財源が「事務費」として消えていくくらいなら、減税をするなり地方交付金として自治体にそのまま配って使いみちをそれぞれに決めてもらった方が、金額は小さくなってもよっぽど効率的・合理的だと思います。

ことほど左様に、政府が行う「再配分」というのは非効率であり、その過程で様々な利権団体が群がって集められた税金が消化されていきます。

どうも政府に過剰な期待をしてひたすら「大きな政府」を目指したがる人は多いのですが、少なくとも現状はこんな有様ですし、それは誰が権力を握っても大きくは変わらないと私は思っています。

前述のように、そもそも集めないこと(減税)にしたり、マイナンバーという技術を使って効率化することができるにもかかわらず、政治は敢えてそれに手を付けてこようとしませんでした。

それはまさに「抜く」ことが目的になっている、そうすることで自分たちの利権団体に利益を分配し、自らの権力構造を盤石にすることを目指しているからではないでしょうか。

特にマイナンバーについては、一部野党から猛烈な反発があったことは事実ですが、それにここまで迎合してきた与党政府も同罪であり共犯関係です。

「合理化しなければ、まだまだ中抜きできる。利権構造を維持できる」

とほくそ笑んだ与党議員がいたことはほぼ確実でしょう。

大きく膨れ上がった政府予算において、ここからの闘いはいかにこうした利己的なメカニズムを打破しながら、適切な財政出動を行い経済・景気を軌道に乗せていくかです。

その一つの解が「減税」であり、また次善の策は中抜き利権団体を介さずに国民・地方自治体に直接給付することです。

二次補正予算は早急に執行していただかなければなりませんが、同時に指摘をするべきは指摘をして軌道修正し、次につながる建設的な議論を国会でしていければと考えています。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ