東京から、あたらしくしよう

子どもの命を守るためには、政治の意識改革が必要。大森大(おおもりだい)を三鷹市政へ!

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日は赤羽南口駅前→王子稲荷の初午→荻窪駅→三鷹駅と移動して活動しました。

街頭演説のメインテーマの一つとしてお話したのは、小4女子の虐待死という痛ましい事件について。

本件は、市教育委員会が加害者である父親に娘のSOSアンケートを渡したことが論外なのは勿論、各地の児童相談所が適切な介入を行わなかったことが問題視されています。

その経緯は、上記のnoteに記載されていますので、ぜひご一読いただければと思います。

しかしながらこれをもって、「児童相談所は何をしてるんだ!けしからん!」と現場を叩いても事態は好転しません。

票やお金に直結する利権ではなく、これまで政治に軽視されてきた子どもたちのために働く政治家を一人でも多く議会に送り出し、政策的投資を増やしていかなければなりません

三鷹市から挑戦予定の大森大は、まさにこれまで民間の立場から恵まれない子どもたちのために活動してきた人物です。

大森大 公式HP
https://oomori-mitaka.jp/

自らも複雑な家庭で育った環境から、福祉の世界を志し、正業は介護福祉士。

そして介護現場で働く傍ら、子ども食堂の運営責任者として子ども支援に尽力してきました。私と初めて会ったのも、社会的養護の分野の勉強会です。

一人でも多くの子どもたちを救うためには、自ら政治の世界に飛び込むしかない!と、一念発起しての挑戦となります。

今回は、わざわざ私の演説の予定を知って見に来てくれた方もおり、本当にありがたい限りです。

三鷹市は特別区ではないので児童相談所設置予定はありませんが、子ども家庭支援センターの連携強化をするなど、できることは色々とあるはずです。

あらゆる業界団体から金銭支援・選挙支援を受けない我々だからこそ、子どもたちのためにフルスイングで政策提言を続け、地方自治体から実現を目指して参ります。

三鷹市の皆さまは、大森大(おおもりだい)の活動にぜひともご注目くださいませ。

大森大 公式HP
https://oomori-mitaka.jp/

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ