東京から、あたらしくしよう

東京都受動喫煙防止条例の制定に向けて、パブリックコメントの募集がスタート

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日の知事記者会見にて、いよいよ受動喫煙防止条例の具体案とスケジュールが発表されました。都民ファーストの会は「子どもを受動喫煙から守る条例案」の提出を秋の定例会で予定していますが、それとは別物です。

受動喫煙防止条例制定で意見公募
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170908/3695381.html


知事記者会見資料より)

「原則屋内禁煙」を掲げ、罰則(行政過料)もついています。

医療施設や子ども関連の施設は屋内だけでなく敷地内すべて禁煙、官公庁など公共性が高い施設は喫煙室の設置も不可とする屋内禁煙です。

その他の民間施設については、喫煙室設置は可とする屋内禁煙となっています。そして争点となる例外措置ですが、現案では神奈川県の実例や現在厚労省で検討されている案(100㎡以下)より遥かに厳しい、

「30㎡以下で、従業員がいない又は従業員全員の同意がある、未成年の立ち入らない店」

となっています。もちろん、健康面・医療面からは完全な例外なき屋内禁煙が望ましいところではありますが、様々な政治的・政策的な観点からの「落とし所」を定めたというところでしょうか。

重要なのは、こちらはあくまで現段階の「案」であり、都民や多くの皆さまからパブリックコメントを募集してブラッシュアップされていくということです。

東京都受動喫煙防止条例(仮称)の基本的な考え方についてご意見を募集します
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/09/08/09.html

こちらから約1ヶ月、ご意見を登録することができますので、ぜひ多くの皆さまから様々なご指摘をしていただきたいと思います。

都民ファーストの会も様々な団体・個人から引き続き、厚生部会を中心にヒアリングを進めて参ります。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 35歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


Tags:

ページトップへ