東京から、あたらしくしよう

感謝の気持ちを込めての、ポスター剥がしDay

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

三連休最終日の本日は、大勢のボランティアスタッフにお集まりいただき、選挙期間前に貼った「政党ポスター」の取り外し作業を一斉に行いました。

自分の顔が載っていない「政党ポスター」に関しては、選挙の時期に関わらずいつでも掲示しておくことが可能なのですが、

●北区は選挙期間以外は、それほどポスターを貼り続ける文化がないこと
●都民ファーストの党代表が交代していること

などの理由から、掲示期間的に少しもったいないですが、「剥がすのが筋だろう」と判断し、掲示を許可して下さったお家やお店を一件一件お尋ねして回った次第です。

特に前者の「ポスター文化」については地域差が激しく、選挙の有無に限らず候補予定者や政党ポスターがベタベタと貼り続けられている選挙区もあります。

そういうエリアでは「場所取り」が激しく、うっかりポスターを剥がすと良い場所を取られてしまうため、メンテナンスを入れながら何らかのポスターを張り続けることになります。

北区は一部政党を除き、選挙期間以外はそれほど積極的な掲示がされません(私の主観ですけど)。景観上もそのほうが、良いような気がしますね。

とはいえ2年後には確実に統一地方選挙が、来年には衆院選があるかもしれません。選挙の足跡が近づいてくると、また街角が様々な政治家・政党ポスターで賑やかになります。

私もまた、何らかのポスター掲示のお願いに伺うかもしれません。その際はぜひともご協力のほど、宜しくお願いいたします。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
ボランティアスタッフご登録のお願い
音喜多駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ社員を経て、2013年東京都議会議員に(二期)。19年日本維新の会から公認を受けた参院選東京都選挙区で初当選。21年衆院選マニフェストづくりで中心的役割を担う。
三ツ星議員・特別表彰受賞(第201~203国会)
ネットを中心とした積極的な情報発信を行い、ブログを365日更新する通称「ブロガー議員」。ステップファミリーで三児の父。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook 音喜多駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


ページトップへ