東京から、あたらしくしよう

隠れた「ファーストペンギン」!府中市から東京大改革を進めるなら、「藤井あきら」で。

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

選挙戦6日目となる今日は、赤羽駅西口からスタート。

投票率を向上するための呼びかけも大事ですね。

そして午後は地元中の地元、王子本町にもごあいさつ。

王子本町二丁目には、まだ「井戸」が現役で残っていたりします。小学生の頃に授業でみんな見にくるいわば、隠れ名物スポットです。

この周辺を始めとして、確実に選挙カーが入れない道幅1mほどの辻辻まで細かく練り歩き、多くの方に激励をいただきました。

19時台は赤羽西口に戻り、街頭演説会。終了後は選挙事務所でスタッフとのミーティング。普通ならここで終わるのですが…

今日はやるべきことを片付けた後、車を飛ばして終電キャンペーンをやっているという府中市の「藤井あきら」候補の応援・激励へ。

ということで、以前にも三鷹の山田ひろし候補と一緒に取り上げましたが、改めて今日は都民ファーストの会府中市公認の「藤井あきら」候補をご紹介します。

藤井あきら候補は、京都大学出身の35歳。日本マイクロソフト社での勤務の後、ライターとして「プレジデント」の記者も務めておられました。

小池都知事の特集記事の執筆を行い、その関係から都知事選の際にはボランティアとして積極的に参加。実は藤井あきら候補は、小池都知事誕生の立役者の1人であり、いわば隠れた「ファーストペンギン」であります。

府中市は定数2人の選挙区でありながら、都民ファーストの会から、藤井さんを含め2人の公認候補が出ています。

そして各種世論調査の結果をみると、小池都政誕生から東京大改革を支えてきた「藤井あきら」候補は、新人ゆえの知名度の低さで苦戦を強いられています。

都知事選の時から小池都知事を応援してきた「ファーストペンギン」の同士としては、「藤井あきら」さんには確実に当選していただき、「真の東京大改革」を一緒に進めていきたいと強く思っています。

府中市の皆さん、府中市にお知り合いのいらっしゃる皆さん、「藤井あきら」候補をぜひ、府中から都議会に送ってください!!

藤井あきら公式HP
http://fujiiakira.tokyo/

都議選もいよいよ終盤戦。

声も枯れつつある日々ではありますが、引き続き北区の皆さまにお訴えを続けていきます。

それでは、また明日。

個人献金のお願い
オンラインサロンメンバー(党員)募集!
おときた駿

音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin


Tags:

ページトップへ