ひらけ、東京!!

朴大統領との会談予定はなかった、「90%以上の東京都民は韓国好き」は誤報…舛添都知事の訪韓とはなんだったのか??

都議会の話

先の舛添都知事訪韓については注目度が高く、
特にBlogos記事では多くの反響をいただきました。

都知事の韓国訪問に、非難殺到?東京都が「都市外交」を行う意義
http://blogos.com/article/91306/

ネット世論等では、

「何をしに行ったのか、理解できない」
「わざわざ朴大統領に頭を下げるために、自ら韓国に行った」

とのご意見も多かったので、東京都担当局に訪韓に至るまでのプロセス、
具体的な成果や対談のやり取りなどを確認しました。

まず今回の訪韓は、6月上旬にソウル市長選挙が行われ、
現ソウル市長が二期目の再選。そのタイミングで東京都知事宛に、
友好都市の首長として先方から招待状が届いたそうです。

都市外交を重視する舛添都知事はこれを快諾。
ソウル市との提携内容を詰めて、この合意書締結を目的として
ソウル市への訪問が正式に決定しました。

東京都とソウル特別市の合意書締結について
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/07/20o7n500.htm

そしてご案内の通り、韓国は先だって
セウォル号の悲劇が起きた直後ということもあり、
これに犠牲者への弔問という目的も加わります。

この流れで、弔問先である京儀道(※)知事への
表敬訪問がスケジュールの中に組み込まれました。
また、国会議長への表敬訪問も入っていたそうです。


京儀道は、韓国における広域自治体・行政地区の一つ(ソウル市を含む)。
日本で言えば京儀道が東京都で、ソウル市が港区や八王子市などの基礎自治体にあたる。

140725_chiji_kikoku_02
(写真は知事の部屋より、ソウル大学講演の様子)

というわけで、日本を出立時の舛添都知事の
韓国でのスケジュールは以下の通りになります。

7月23日(水)
ソウル市合同焼香所での献花
ソウル特別市長との面会(協議)
→「東京都とソウル特別市の交流・協力に関わる合意書」締結

7月24日(木)
国会議員(議長)と面会(表敬訪問)
京畿道知事と面会(表敬訪問)
京儀道庁舎内合同焼香所での献花
安山市合同焼香所での献花

7月25日(金)
ソウル大学で講演

…あれ、朴大統領との面会は??

そう、実は当初の東京都担当局のプランでは、7月25日に実施された
朴大統領との会談は予定されていなかったのです。

では、いつ朴大統領との会談が決まったのでしょうか?
訪韓中の7月24日に急に話が持ち上がり、てんやわんやのうちに
都知事と朴大統領との会談が決定した
とのこと。

…よって東京都担当局としては、大統領との会談は
事前に行政府として目的を持って計画されたものではなく、
あくまで

「政治家同士の話し合い」

であり、その目的や結果などの
詳細は把握されていないとのこと。
そのため、記者会見や報道で

「安倍首相のメッセージを預かってお伝えした」

とのことでしたが、いつのタイミングで首相と都知事がやり取りし、
メッセージを預かっていたのかもわからないようです。

…うーん??

なお、これまた物議を醸しだしている、
ソウル大学での講演中にあったとされる

「90%以上の東京都民は韓国好き」

という発言については、実際のところ

「私が付き合っている限り、9割以上の日本人は韓国が好き」

とのことで、「東京都民」というのは完全な誤報のようです。
まあ、都知事個人の交友関係の中で9割以上という
数値が出ることには、特に問題ないと思います。

まとめると、以下の通りです。

・今回の訪韓は、ソウル市長からの招待がきっかけ
・ソウル市との交流協議と、セウォル号の弔問が目的だった
・実は朴大統領との会談予定はなく、訪韓中に急きょ決定した

・そのため、東京都としては事前の計画にないことで、その効果測定もできない
・安倍首相のメッセージをいつ預かったのかも不明
・講演会での「都民の90%以上~」という発言は誤報

私が都議会議員としての職責で調べた限りでは、
こうしたところが事実関係になるようです。

前述の通り、私はソウル市との協力・都市外交のついては
高く評価致しますが、朴大統領との会談およびその成果については懐疑的です。
当初の計画にはなかったものとのことで、その疑問はより深まりました。

これ以上は行政(東京都)に対してより、政治家としての
舛添都知事に真意や考えを聞くべきものと思われますので、
必要に応じて次期定例会での課題になるかと。。

以上、取り急ぎのご報告とさせていただきまして、
また何かわかればお伝えできればと思っております。

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ