ひらけ、東京!!

シルバーパス:160億円、認証保育所:32億円、不妊治療:25億円…嗚呼、「再配分」の困難さよ。

「政治」とは何か??

教科書的には『再配分』であるとされています。
社会の資源を集めて、適切にそれを配りなおす。

具体的に言えば、集めた税金をどのように
社会補償や福祉に還元していくかということが、
政治や政治家の大きな役割になるのです。

ところがこれは、当然のことながら
字面で見るほど簡単なことではありません。

silver_pass260930
画像引用元

最近政策研究をしている複数の案件で、
それが象徴的だと思ったことがあります。
掲題の数値になりますが、

シルバーパス:約160億円
認証保育所:約32億円(市部のみ)
不妊治療:約25億円

これは平成25年度に東京都が各事業に支出した金額です。
どれも確かに、「あった方がいいもの」です。


区部の認証保育所へは、「都区財政調整制度」によって
支払われた交付金から各区が補助金から支出するため、
東京都では支出総額を把握ができないとのこと。

「シルバーパス」は高度経済成長期の終盤となる昭和48年から
無料乗車券→敬老乗車券→老人パス→シルバーパスと名称を変えながら、
現在まで続く高齢者への社会保障政策です。

ちなみに広域自治体(都道府県)レベルで実施しているのは
日本で唯一東京都だけで、他にシルバーパスがあるところは
実施の主体は基礎自治体になります(大阪市、京都市、川崎市など)。

東京都がいかに革新首長だった時代に大盤振る舞いを
してきたかの証左でありますが、財政再建団体転落の危機に瀕していた
平成12年頃から、一部費用負担を徴収するようになりました。

とはいえ、費用負担はわずか一律1000円、
一定の課税ラインを超えた利用者は20,510円の負担になるとはいえ、
この対象者はわずか一割と少しに過ぎません。

もちろんシルバーパスそのものが
「バラまき」の「悪しき政策」なわけでは必ずしもありません。
高齢者の社会的活動を支えるものとして、一定の効果があるでしょう。

しかし同様に、沢山の若い人が「もっと多く」「もっと安く」子どもを産みたい、
認証保育所を利用したいと考えており、また少子化がこれほど問題になる中で、
果たして適切な「再配分」と断言できるでしょうか。

当然、単純な金額だけでは比較できません。
それぞれの施策の受益者、つまり利用者数を比較するとこうなります。

シルバーパス:約81万人
認証保育所:約5500人(市部のみ)
不妊治療:約8600人

一人あたりにならした数字で比較する、という観点も大事ですが、
この数字が物語るもう一つの事実は

「受益者が多い分野は、政治的な力が強くなる」

という明確な事実です。
シルバーパスのように、「薄く広く」という政策は受益者も多く、
反対する人が少ない分野です。政治家も積極的に取り組みます。

しかしながら、子育て支援や不妊治療のように

「限られた人数に、まとまった予算が必要」

となる政策には、様々な衝突や議論が起こることが予想されます。
対象人数も少ないですから、こうした分野には政治家は消極的になるのです。

繰り返しになりますけど、この記事は現時点では
シルバーパスに対して一方的に疑義を唱える目的ではありません。
ですが、この問題について調べたいと言った時、とある方から

「それ(シルバーパス)に触れるのはやめておきなさい。
 次(再選)が確実になくなるよ

というアドバイスをいただきました
脅しではなく、善意でおっしゃっているのがわかるだけに、
社会保障分野の再配分の難しさ・恐ろしさを肌で感じた次第です。

なお都議会では、シルバーパスについては基本的に
全会派、全議員賛成で論点になったことはありません…

社会保障の利害調整とは、ことほど左様に難しいものなのです。
皆さまは、どのようにお感じになりますか?時にはこんな数字を見比べて、
考えて馳せてみていただけると幸いです。

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags: , , ,

ページトップへ