ひらけ、東京!!

誰よりも「未来」「若者世代」のことを考える…だから、みんなの党なんです!

日々のこと

あんまり所属政党のことを書くと、評判悪いんですけどね。苦笑

結党5年を迎えての談話
http://www.your-party.jp/news/party-opinion/002943/

homeslides20140623

本日8月8日は、みんなの党の誕生日(結党日)です!
公党として発足してから、今日で丸5年を迎えました。

「どうして、みんなの党を選んだの?」

これは「なんで政治家になったの?」「早く結婚しないの?←」と並んで、
よく聞かれる質問トップ3の一つで(笑)、折に触れて言及しておりますが、
せっかくの日ですので改めてなにか書きたいと思います。

金もコネも地盤もない…それでも、政治家になりたい!
まずどこかの政党の「政治塾」の門戸を叩こうと思っていた私は、
各政党の政策を改めてじっくりと、穴が空くほど比較をしました。

生まれてから、経済成長を知らない。
国の借金、高齢者福祉の負担を押し付けられている。
このままじゃ、若者は逃げ出して国は沈む…

そんな問題意識を持っていた私の目に、
驚くほど新鮮な政策を並べていた政党がありました。
それが「みんなの党」でした。

「未来」のため、「若者」のため、「子ども」のため…

口先で政治家はそのように言いますが、
一票にもならない世代のために、実際に行動する議員は限られています。

どの政党も、よく見ればその政策の大半は、
とっくに破綻した福祉システムに縋り付き、既得権益を守り、
中央集権でガチガチの「(期限付きで)古きよき日本」を目指すものばかりです。

その中で、恐らくこんなことを言ったら
選挙で不利になるだろうに(苦笑)、本当に将来世代のことを考えた、
画期的な政策を並べていたみんなの党は、一際異彩を放つ存在でした。

今も我が党は唯一、

「雇用(労働市場)の流動化」
「ゾンビ起業の撤退(企業の退出の促進)」

という、見る人が見ればぶっ飛びそうな政策を
堂々と発表してしまうほど、将来を本気で憂いている政党
です(笑)。

『非製造業を中心とした生産性向上促進のための施策』を発表しました!
http://nakanishikenji.jp/diet/13838

この政策を最初に見たとき、

「これだから、みんなの党はやめられないっ!」

と、鳥肌が経ったことをよく覚えています^^

そして、最初のリンクにあったように、
今も我が党は「みんなの日本2050」と題して、
30年後の日本を見据えた政策立案作業を具体的に進めています。

「どうせ、すぐなくなる」
「政局次第では、離党するんだろう?」
「いやむしろ、クビになるだろう」

などと色々と言われますが(!)、
私はみんなの党がどこよりも将来と若者たちのことを考え、
小さな政府と自由主義を志向する政党である限り、ここで力を尽くす所存です。

ま、もっとも去年の今頃は、
国会議員が半分になったり代表が交代したりなんて1ミリも
想像していなかったので、この世界の先のことは本当にわかりませんが(苦笑)。

様々なご縁で私のブログを読みに来て下さっている皆さま、

「みんなの党は、ちょっとなあ…」

という方も、多くいらっしゃることは存じております。
ですがせっかくのご縁ですので、時には政局ばかりではなく、
その政策にもご注目をいただけると幸いです。

みんなの党9つの基本政策 ~プリンシプル~
http://www.your-party.jp/policy/

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ