ひらけ、東京!!

ウナギの中には、ナマズを一匹入れておくと良い話

日々のこと, 選挙の話

本日、久喜市議会議員選挙も最終日!

先日もポスティング&演説で応援に入った、
きし信智候補の応援にほぼ丸一日参上しました。

10153246_626658597409188_568693931008985114_n

きし候補は若干27歳。久喜市議会議員選挙ではなんと、
20代の候補者が出るのは20年ぶりだそうです。

写真 (1)

最終日ということもあって、みたに英弘衆議院議員や
松田公太参議院議員も次々と応援演説に!私おときたも僭越ながら、
マイク納め直前の20分間、想いを伝えさせていただきました。

「若造一人で何ができる」
「みんなの党なんて小さい組織じゃ、意味がない」

こうした批判をよくいただくことがあります。
選挙の演説では抽象的ですが、あえてこんな話をさせてもらっています。

江戸時代、浜名湖から大量にとれたウナギを江戸に運ぶとき、
ウナギだけの桶をつくると、到着する前にその大半が
元気がなくなって死んでしまうそうです。

ところがその桶に、「ナマズ」を一匹入れておく
不思議とウナギたちは元気になって、江戸に到着するまで
ほとんど死ぬことがなくなったのだとか。

どんな組織でも、同質の人たちの集まりになるとなれ合いになり、
やがて活気が失われて停滞・衰退をしていきます。

そこに刺激をもたらずマイノリティが入ることは、
活性化の側面から大きな意味があると言えるでしょう。

なんだか例えがあまり格好良くないんですけど(笑)、
きし信智は久喜市議会でまさに「ナマズ」となって
新しい刺激を与えることができると思います。

我々みんなの党の議員たちも数は少ないですが、
各議会で「ナマズ」となって化学反応のきっかけとなり、
政策実現ができるように活動してまいります。

…こんなに「ナマズ」って書いたの生まれて初めてだな。。←

明日は久喜市議会議員選挙の他にも春日部市議会議員選挙、
練馬区長選挙、西宮市長選挙などが行われます。
繰り返しになりますが、ぜひとも投票に行ってくださいね!

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ