ひらけ、東京!!

経済損失1兆円の危機!?スルーされ続けてきた「ビッグサイト問題(コミケ問題)」の解決を

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

水曜日のことですが、39度の高熱真っ只中に山田太郎さんのネット番組に出演しておりました。主なテーマは五輪大会前後に、日本一の展示場である東京ビッグサイトが使えなくなる「ビッグサイト問題」についてです。


(資料は表現の自由を守る会サイトより引用)

私も折に触れてTwitterなどで触れてきましたが、2020年東京五輪において、ビッグサイトは放送拠点となる「メディアセンター」として使用される計画になっています。

しかしこちらはなんと、開催前後の期間だけではなく、その準備のため2019年4月から一部(いや大部分)が使用不可になる計画なのです。

コミックマーケットやモーターショーなど、国内最大クラスのイベントが開催できないのはもちろんのこと、様々な展示イベントでビジネスチャンスを作っている中小企業にとっても死活問題であり、その経済的損失は1兆円以上とも言われています。

ではなぜ今の今まで、この問題に大きな焦点が当たってこなかったのでしょうか。もちろん、展示スペース不足を不安視する声はありました。

そうした声に対して東京都側はこれまで、

「青海に仮設展示スペースをつくり、そちらで解決します」

と主張してきたのです。実際に私も関連の陳情を受けた際、都側からそのような説明を受け、納得して引き下がった経緯があります。

ところが今年の4月下旬に初めて、正式に青海の仮設会場を含めたバックアッププランの詳細が開示されてみると、その内容は極めて不十分なものと言わざる得ない状態でした。

なんとか合計面積だけは現状に近づけようとした努力は見受けられるものの、会場は分断されて一体感が損なわれてしまうことになりますし、何より五輪開催期間はいずれの場所も使うことができません

こういう時(本番時)のために、都外施設に助けを求めることが考えられるわけですが、舛添都政下で決定された都外への競技会場拡張によって、同じく貴重な展示スペースである幕張メッセも使用不可となりました。

本来であれば招致活動を行う際や、また都外に競技会場を拡張する際に、こうした展示場問題について都と五輪組織委員会などが検証を行うべきだったにもかかわらず、そうしたことが真剣に行われた形跡はありません

「青海プラン」で十分という甘い見通しだったのでしょう…。

実際に我々都議会サイドも都側の説明を鵜呑みにして、今日までこの問題の深刻さに気づいていなかったのですから、そこについては真摯に反省しなければならないと思っています。

山田太郎さんが会長を務める「表現の自由を守る会」がまとめてくださいましたが、都民ファーストの会を含めていくつか(2つ)の政党が、この「ビッグサイト問題」関連の解決を公約に入れています。

都民ファーストの会は「コミケ問題」という表現になっていますが、コミケはあくまでビッグサイト問題の一つの象徴であることは理解しています。

コミケのような一体感のある大規模会場を必要とする問題を解決することは、すなわちビッグサイト問題・展示スペース問題すべての解決につながります。

上記の表にもあるように、様々な代替案の可能性があります。都側の現時点での見解では、メディアセンターの場所を今から変更することは厳しいという説明も受けましたが、多角的な視点から検証していくことが必要です。

東京オリンピック・パラリンピックというと、どうしても競技会場や総経費の問題にばかり目が行きがちです。しかしながら一方で、このような経済的な大問題が存在することもぜひ知っていただき、都議選の争点としてご注目いただければ幸いです。

世論の注目が集まれば集まるほど、問題解決は容易になります。私個人としても引き続き、組織の内外で情報発信を続けていきます。

それでは、また明日。

ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags: , ,

ページトップへ