ひらけ、東京!!

言わんこっちゃない!自民党の抵抗で、厚労省案の受動喫煙防止条例が後退見込み…

日々のこと
LINEで送る
[`evernote` not found]

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

昨日取り上げた受動喫煙防止対策について、厚労省&厚労大臣と自民党の闘いが続いておりますが、早くも厚労省案が妥協を迫られる展開になっているようです。

受動喫煙対策 厚労相が譲歩へ
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6239943

>塩崎厚労大臣:「望まない受動喫煙をなくすということが確保されているのであれば、厚労省としても党の意見を踏まえて調整したいと考えている」

というコメントが出ているのですが、多くの有識者がすでに指摘している通り、屋内は完全禁煙にしない限り受動喫煙を防ぐことはできません。残念ながら。

室内では空間で仕切っても煙は必ず充満しますし、壁で仕切ってもダクトなどから漏れ出る場合があります。何より、店内に喫煙スペースがある店では、従業員を受動喫煙の被害から守ることがまったくできません。

煙がモクモクと漂っている飲食店で一日、ホールの仕事などをしていれば、どれだけの受動喫煙被害を被るかは、想像に難くないところです。

以前に専門家に測定いただいたデータ。都庁内にある喫煙可能な狭い喫茶店では、PM2.5濃度が200以上というトンデモない数値を記録していました。

写真に写っている店員さんは、自分が吸うわけでもないのに、こういった空間での勤務を強いられるわけですね。

というわけで、どれだけ「受動喫煙防止」という名前が法律や条例に入っていても、分煙という例外を認める限り、それは有効に機能しないと言って差し支えないと思います。

国政では早速譲歩が始まっている受動喫煙防止対策で、都議会自民党が出してくるものが果たして、しっかりと「原則屋内禁煙」を打ち出せるのかどうか。

私はそれができる可能性は極めて低いと見ていますが、引き続き注視していきたいと思います。

それでは、また明日。

ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿

LINEで送る
[`evernote` not found]

ページトップへ