ひらけ、東京!!

政治家っていつ・どれくらい寝てるんですか?【雑談】

日々のこと

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。
政治家の生活パターンはほとんどの人に謎だと思いますので、

「忙しそうだけど、最近寝れてますか?」
「いつも何時間くらい寝てるんですか?」

というご質問をよくいただきます。もちろん個人差はありますし、
私自身も他の政治家がどんな生活をしているのか知りたいところではありますが
自分の場合をサンプルケースとしてご紹介をば。

地獄のミサワのごとく忙しい自慢をしても仕方ないのですけど、
最近はだいたい寝る時間が深夜1時から2時。

朝起きる時間は街頭活動をする時は5時頃、
そうでないときは6時から7時といったところです。

そうなると夜の平均睡眠時間は4時間程度となるわけで、
ともすると

「さすが政治家、少しくらい寝なくても平気なんですね!」

という誤解を招くところですが、無理っス(キッパリ)。
そもそも私、若い時分から徹夜などの無理が効かない体質です。

ただ自分の場合は「寝だめができる(と思い込んでいる)」ので、
公務が入らなかった週末の午前中や平日の空き時間などを見つけて、
それはもう集中的に寝ます。どんなに周囲がうるさくても、泥のように眠っています。

あとは本当にスキマ時間に、15分とか30分単位で昼寝します。
どんな環境でもすぐ寝れる!というのは、大事なスキルかもしれません。

それでなんとか帳尻を合わせてきたわけですが、
本当に多忙な週はその「寝だめ」や「昼寝」時間が取れない時もあるわけで…

こうなると、明確に身体に変調を来すんですよね。
すぐ疲れたり、ちょっとしたことでイライラしたり。

今日も夕食のときに少々、家族にあたってしまったりしたので、
やはり余裕をもった生活をしないと、いい仕事もいい家庭づくりもできないなと痛感しました。

某知事が仕事をアドオンしてくるせいで色々とたて込みましたが、
来週はしっかりとスケジュールと体調を立て直したいと思います。

皆さまもお忙しいと思いますが、せめて毎日6時間くらいは寝ましょうね!
と夜中の1時に書いてる私に説得力なし…。

なお明朝のTBSニュース番組「あさチャン!」の7時前頃に、
舛添知事問題で私のコメントが放映される模様です。
よろしければお出かけ前に御覧くださいませ。

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ