ひらけ、東京!!

「教育庁人材バンク」を活かせ!

都議会の話

東京都が行っている事業で
教育庁人材バンク」というものをご存知でしょうか?
たぶん残念ながら、ほとんどの方は知らないと思います(苦笑)。

これは公立学校の教育現場に外部人材を取り入れる仕組みとして
平成22年度から教育庁が着手した画期的な取り組みです。

簡単にいうと、教育現場でボランティアしたい登録者と、
人手が足りない公立学校の現場をマッチングさせて、
教育指導や部活動の補佐、特別支援を行っていく仕組み。

とにかく教員の業務負担が増えている学校現場に
教育学部の学生やリタイア後の元教職員たちが
ボランティアとして入ってくれれば、これほど心強い仕組みはありません。

この事業の活用により公教育の水準を上げていくことは、
私が当選前からアジェンダに掲げていたことの一つでもあります。

都内にもある学力格差!
教育水準の底上げで競争できる環境へ
-2. 「市民の力」で、教師を本来業務に集中させる!-

http://otokitashun.com/agenda/p02/

…なのですが、この教育庁人材バンク事業。
まだ三年目ということもあって登録者数は8200名程度。

しかもそのほとんどは協力団体による団体登録で、
個人の登録者数は約550名、うち学生数は300名程度
これは非常にもったいない。

東京都は大学生・大学院生の数が日本で最も多い地域で、
その人数は72万人近くにのぼります。
教育学部の学生だけでも、数万単位でしょう。

教育に関心のある学生にとっては、教育実習以外で
実際の公立学校の現場に携われるのは貴重な体験になります。
とにかく

「(事業が)知られていないこと」
「利用者(登録者、学校側ともに)のメリットが伝わっていないこと」

が問題なのです。
この点につきまして昨日25日に行われた
決算特別委員会分科会(教育庁)にて質問に立ち、

・より一層の、教育バンク事業の周知徹底
・学生登録を増やすため、インターンシップ制度として選考過程に組み込む。
 また大学側と連携して、教職課程の単位認定にしてもらう
・利用する学校サイドにも「モデル校」を作り、活用例を普及していく

ことを提案・要望いたしました。
まだ3年目の事業ということで、工夫の余地はまだまだあるはずです。

各提案について今すぐ取り組む、という踏み込んだ答弁は
今回引き出すことはできませんでしたが、引き続きの検討を期待します。

公教育現場に関心のある都民の方は、
ぜひとも教育庁人材バンクに登録してみてください!

教育庁人材バンク
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/jinji/j-bank.htm

それでは、今日はこの辺で^^

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ