ひらけ、東京!!

誰が勝ったとしても、価値ある選挙だったと思う都知事選2016

選挙の話,

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

長かったようであっという間だった選挙戦、
池袋西口のマイク納めをもって無事に終了しました。

色々な選挙戦を見てきましたが、
これほどの熱気・これほどの一体感を感じたのは初めてのことでした。
時代が変わる・政治が変わる流れを確かにこの肌に感じました。

一緒にいたベテラン議員たちは口々に、

「小泉(純一郎)さんの時を超えた」
「日本新党が立ち上がった時の熱狂のようだ」

と語り合っていました。
本当に、そんな感じなんだろうなと思います。

もちろん、選挙は文字通り「蓋を開けてみるまで」結果はわかりません。
最終最後まで、勝利に向けてやれることをすべてやっていきたいと思います。

17日間の選挙戦を駆け抜けていま率直に感じているのは、
今回の都知事選挙は誰が勝っても「良い選挙戦だった」ということです。

30代都議が語る「都議会というスーパーブラックボックス」
https://newspicks.com/news/1694270/

本日公開されたこの記事で、これまでも度々ブログで取り上げてきた
都議会の「ブラックボックス」について、ほぼすべてを語らせていただきました。
都政・都議会というテーマでは考えられなかったくらい、非常に大きな反響があるようです。

猪瀬直樹元知事の「都議会のドン」暴露から始まり、
ここまで赤裸々に都政・都議会の実態が多くの方に知れ渡ることは、
この都知事選挙というイベントがなければありえなかったと思います。

これが都政・都議会の「闇」に光が当たるきっかけとなり、
日本一遅れていると言われる東京都の大改革のスタートにすることができれば、
多額の選挙費用をかけた意味もあったのではないでしょうか。

もちろんまだまだ、50億円の価値があったとは言い切れません。
この「きっかけ」から、どのように東京都政の改革を進めていくか。

これこそがまさに、これから都議会と都民に問われているのだと思います。

たとえどのような結果になったとしても、
これからも都民・メディアの注目が都議会に注がれることを願うばかりです。

明日はいよいよ運命の投票日。
誰に入れるにせよ、みなさん必ず投票へ行ってくださいね!

簡潔ながら、本日はこんなところで。
それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags: ,

ページトップへ