ひらけ、東京!!

メールによる投票呼びかけは、本人と政党以外NG!?ネット選挙の最重要ツールは「LINE」である

選挙の話,

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。
長い長い都知事選もいよいよ終盤戦に入ろうとしております。

4652173886162

今日は小池百合子候補が二度目の北区入り(田端駅)ということで、
私も街宣カーに上げてもらって応援演説をさせていただきました。

銀座四丁目では、大変な盛り上がりを見せたようです…!
お集まりいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

さて、オールドタイプな選挙戦略といえば、
街頭演説の他に「電話作戦」があります。

選挙事務所に何十回線も電話を引いて、
名簿を持ち寄って知人・友人・支援者に投票の呼びかけをはかる。
地味ながらもっとも有効な戦略の一つです。

しかし、今やネット最盛期。
固定電話を持っていない若い世代も多く、
とても日中の電話作戦だけではそのゾーンをカバーできません。

そこで色々なネットツール活用が考えられますが、なんと公職選挙法では
候補者本人と政党以外がメールで投票の呼びかけをすることは禁止されています。
(あまり知られておらず、選挙の度にやらかす人が多いという…)

参考:ネット選挙運動、公明党の反対により私たち一般人のみ全面解禁ならず
http://getnews.jp/archives/291659

ここはネット選挙解禁の際に相当議論されたところで、
メールは禁止されたのに各種SNSでの投票呼びかけはOK!という
なんとも摩訶不思議なルールが施行されているのが現在の状況です。

その結果、ネット選挙が解禁された2013年には
まだそこまで普及していなかったツールが、最強の選挙戦略オプションになりました。

そう、「LINE」です。

親しい友人といえど電話で投票依頼をするのには相当な勇気がいりますが、
LINEであればカジュアルな感覚で「ちょっとしたお願い」ができます

さらに画像を送ったり転送したりすることに優れているので、
拡散のために作成された画像を添付して友人に送るだけでOKという、
まるで選挙のために作られたのではないかと思うほどのツールがLINEなのです。

なお、Facebookメッセンジャーも便利ですが、
大量にメッセージ送信をすると途中で制限がかかります。
Twitterも同様なので、やはりLINEがもっとも優れていると言えそうです。

というわけで。

小池百合子候補を応援するための、拡散画像をご用意しました!
じゃじゃん!保存して、どんどんお友達にLINEで送ってみよう!

koike_sns02

今回の都知事選挙は、

「誰に入れたらいいかわからないんだよね」

と思っている「普通の人」の一票で決まります
このようなちょっとした情報が、そうした「普通の人」の背中を押すかもしれません。

小池百合子候補のLINE(SNS)拡散用画像は、
このあと第三弾まで用意される予定です。

私の「LINE@」に登録していただくと、簡単な転送のやり方とともに
最新画像が送られてきますので、ぜひぜひ皆さまこの機会に登録してみてくださいね^^

※ブログ最下部の「LINE友だち追加」をクリック!

ただし。
皆さまに、断腸の想いでお伝えしなければならない注意事項があります。

なんとわが国では…
政治の話題を出すと嫌われる可能性があります!なんてことだーー

なので、あまり親しくない友人に突然意識の高い画像を転送したり、
投票依頼のメッセージを送りつけたりすると、LINEといえど突然ブロックされたり、
友人としての距離を置かれたりすることがあるかもしれません。

小池百合子候補の支援の輪を広げて欲しいのはヤマヤマですが、
くれぐれもご自身の交友関係にヒビを入れない範囲で頑張ってくださいね!

いよいよ明日24日は、選挙戦最後の日曜日・ラストサンデー!

4649860321533

ぜひ皆さま、緑のものを一点持参の上、
13時30分に新宿駅西口にご参集くださいませ。
緑のたぬきでも大歓迎だー!

その他のスケジュールは小池百合子HPやTwitterをご参照をば。
それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags: ,

ページトップへ