ひらけ、東京!!

「東京も地方もどっちも大事」は許されない。都知事選挙の政策的争点は、「東京一極集中の是非」だ!

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。
いよいよ自民党都連が推す「本命」増田寛也氏の出馬が確定的になりそうです。

増田氏、10日に出馬表明=自民、分裂確実に-石田氏も前向き・都知事選:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016070800523&g=pol

増田氏は11日に正式に記者会見し、公約の説明などを行う予定。公約は、(1)2020年の東京五輪・パラリンピックの成功
(2)五輪後の東京の持続可能な成長
(3)東京から地方再生

を柱とする。増田氏は人口減による「消滅可能性都市」を提唱し、東京一極集中に警鐘を鳴らしていた。都知事を目指すことが批判を浴びかねないため、地方と東京の共存共栄の方策を掲げる。首都直下地震対策や待機児童対策も盛り込む方向だ。

(上記記事より引用、強調筆者)

以前に私もブログの中でも少し触れましたが、上記にもある通り、
この増田寛也氏というのは東京一極集中に強く懸念を示し、地方法人特別税などの
財源を東京から「召し上げて」地方に再配分するルールを作った人です。

仮に日本全体のためにこうした方向性が必要なのだとしても、
東京都を司る都知事や都議会がこうした施策に賛成できるはずもなく、
歴代知事はもちろん都議会は全会一致でこの税の再配分に反対してきました

そしてその都議会の最大会派で、この税の再配分見直しを訴えてきた中心は都議会自民党であり、
彼らがこの増田寛也氏を担ぐことにそもそも政策の不一致があるわけです。

13632689_1010875805647187_1004648851_o

で、今日はバイキングに出演させていただき東国原さんらと議論していて、
この「東京一極集中の是非」が都知事選挙の政策的争点になる気がしてきました。

東国原さんは、「一極集中是正派」のようです。
今日の番組内でも、東京都の人口は800万程度が適当とおっしゃっておりました。

ここで私の立場を明確にしておくと、「一極集中肯定派」になります。
確かに日本全体がすべて均等に発展していくことは理想ではありますが、
そのやり方は「東京を貧しくする(財源や人材を移す)」ことではないと思います。

むしろ東京都はこれまで以上に人口や産業を集積し、
国際的な競争力を高めて日本をリードしていくことが、
日本全体の発展につながるのではないかという考え方です。

参考:
もしも私が、都知事選挙に立候補するなら…。公約は「東京をタテに伸ばす」容積率緩和による成長戦略だ

だからこそ、容積率の緩和などの政策提言をさせていただきました。
人口集中によって起こる渋滞や通勤ラッシュなどの問題は、
職住近接などによって解決すべきであると思っています。

まあこうした手段には賛否はあるとしても、
基本的に都知事や都議会議員は自ら「東京の富や人を減らす」ことを言い出せないはずです。
例えば「介護は地方でやるべき」って、それは「面倒見れないから出てけ!」ってことになりますからね。

前置きが長くなりましたが、さあ「本命」増田寛也氏はどうするのか?
自分の主義主張としては「東京一極集中の是正」をずっと掲げてきた。
しかし都知事として、それをそのまま主張することはできない。

そこで出てきた苦肉の策が、冒頭で引用した

「東京から地方再生」
「地方と東京の共存共栄の方策」

という公約になるのでしょう。
つまり「両方やるよ」ってことを言いたいんですね。
東京都の人口や財源は守りつつ、地方も発展させていきますって。

ありえねー!!ですよ。
率直に言って。

この選択と集中の時代に、一体なにを言ってるんでしょう。
「アレもコレも」ですべてを中途半端にしてきた結果が、今の経済停滞・借金大国ニッポンの姿ですよ。
その中で唯一まだ気を吐いている東京都に、同じ末路を辿らせてしまって良いのでしょうか。

ですから私は、こうした「玉虫色」のスタンスで出てこようとする増田寛也氏に対して、
小池百合子氏などの対抗馬は「東京都の発展を第一に考える!」ことを鮮明に打ち出して、
政策論争を仕掛けていくべき
だと考えます。

マーガレット・サッチャーの有名な言葉に、

「金持ちを貧乏にしたところで、貧乏人が金持ちにはなりません」

というものがあります。
まったく同様に、東京都を貧しくしたところで、地方が豊かにはなりません。

地方創生のバラマキがむしろ地方の依存体質を高め、
衰退にまったく歯止めがかけられていなことは、
すでに結果が出されていると思います。

東京都知事は、何よりも都民の税金を守り、東京都民の発展のためにそれを使う。
そしてたくましく成長していく東京都が、日本全体の発展を牽引していく。

それこそが、多くの都民が東京都に望むことではないでしょうか。
(利己的に東京都だけのことを考えているわけではありませんよ、念のため)

これまでのしがらみから、中途半端なスタンスしか打ち出せないであろう増田寛也氏に対して、
こうした政策・リーダーシップを打ち出す知事が登場することを強く望むものです。

なお、増田寛也氏の公約については過去の主張と報道ベースから論じたもので、
正式な出馬記者会見の時には

「東京か、地方か」

に対してぜひはっきりした答えを述べていただきたいですし、
会見で記者の方々には厳しく突っ込んで欲しいと思います。

繰り返しになりますが、「両方」は虫が良すぎる答えです。

そんなこんなで今日も都知事選挙について書いてしまいましたが、
まだまだ参議院選挙の期間中ですよー!いよいよ日曜日(10日)が投開票日!

都知事選挙の行方と合わせて、
引き続き参院選挙にもご注目いただければ幸いです。投票に行こう!

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags: , ,

ページトップへ