ひらけ、東京!!

とある家族…ではなく、議員たちの週末【ほぼ雑談】

日々のこと

「政治家(議員)って、お休みとかあるんですか?」

よく聞かれる質問の一つで、時々ブログで取り上げていたりしますが、
結論からいうと決まった「休み」というものはなくて、自分でコントロールすることになります。

特に週末は地域イベントが目白押しで、招待状もたくさん届きますから、
平日よりもむしろ休日のほうが忙しいという議員が多いのが実状ではないでしょうか。

たまにはそんな議員の一日を、時系列でレポートしてみましょう!

CHazCYwUwAAEynd

本日は8:45から消防団の「操法大会」でスタート。
各地域の消防団が消火のためのポンプ操作の早さ・美しさ・規律などを競う大会です。
どこも通常6月に行われまして、北区では赤羽・王子・滝野川で3週に分かれて行われます。

cb21c53e01edf9fb25f6ab527a681e9923
(本日放水の写真を撮りそこねたので、写真は昨年の王子大会のもの)

午前中いっぱい、地域の消防団の鍛錬の成果を拝見。
持ち回りで本日の式典は私が挨拶だったのですが、
消防団の式典の長さについて度々取り上げている私ですから、

炎天下に倒れた消防団員…。儀礼の長さは、本当にどうにかならないのか?
http://otokitashun.com/blog/daily/3471/

「大変素晴らしい鍛錬の成果でした!都議会としても、皆さまの活動をバックアップしてきます。
 本当に長時間、疲れ様でした、終わります!」

という簡潔な一言にて終了。
しかし、その後に続いた大田国土交通大臣は

「これから出水期です。皆さま、宜しくお願いいたします。以上!」

と私をさらに上回る簡潔さで、兜を脱ぎました(笑)。

午前中いっぱいが丸々操法大会で、それが終わると同じく出席していた
同僚の斉藤りえ区議とともに、近くで行われている地域祭りへGo!

伺った「おちゃのこ祭祭」は社会福祉協議会が主催となり、
様々な障害者団体、手話サークルなどのボランティ団体が集まり、様々な催しを行うもの。
福祉分野に集中的に取り組む斉藤区議とともにご挨拶に回ったのですが、

10420012_859078897500489_8234645474493220430_n

正直、いまは斉藤区議のほうが
特にこの分野では圧倒的に知名度があるので、

・なんか斉藤区議にくっついて来ている男がいる

・子どもの手を引いてる、または抱えている
※斉藤区議は本日、娘連れでした

・…旦那さんだ!

という判断が働くらしく、けっこうな確率で間違われました…
もうちょっと目に見える成果が出せるように頑張ります。。

なお、斉藤区議の娘えまちゃんとは大の仲良しですが、
特に家族のような関係にはありませんので、あしからず^^

イベントでのあいさつ回りが済むと、永田町へ。
毎週日曜日の17時から所属政党「日本を元気にする会」のニコ生放送があり、
そちらのディレクション&出演のためです。

11354972_859407037467675_1278661620_n

国会と議員会館の回りは、デモ隊で取り囲まれて盛り上がっておりました。
でも与党の議員は、休日は一切この近くにはいないと思いますけど…

11419982_924880084261036_1010715534_n

新国立競技場問題などを取り上げた番組の準備・放映を終えまして、
山田太郎参議院議員とあれやこれや打ち合わせをして、いましがた帰宅。

こんな毎週末を過ごしていると「週休2日」なんていう生活ペースが
懐かしく感じたりもしますが、その分休める平日に時間を見つけて身体を休めながら、
まずまず楽しく元気に議員生活を続けております。

とはいえ私は独り身だからいいですけど、家族連れで行けるイベントばかりじゃないから、
家庭を持っている議員のワークライフバランスなんて皆無だよなあ…とは思います。

これが当たり前にならないように問題意識は頭の隅に残しつつ、
残り2年とちょうど折り返しとなった議員生活を満喫していきたいと思います。

たまには土日でみんなと旅行とか行きてぇぇぇ!(本音)

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ