ひらけ、東京!!

あれから3年目の、Merry Christmas.

日々のこと

5-73f47

2011年のクリスマスイブ&クリスマス。

僕は復興支援団体「ふらいパンダ」の一員として、
気仙沼の復興商店街で巨大カステラを焼いていた。

7-c790a

9-774ee

2011年12月27日
東北の子どもたちに、 ‘Merry Christmas.’

http://otokita.seesaa.net/article/242826171.html

まだ震災の爪あとが生々しく残っていた時期で、
なんとか被災地を盛り上げたいという各地の有志団体から
我々の団体にもオファーが相次いでいた頃。

自分たちがどんな力になれるかわからなかったけれども、
とにかく何かをしてあげたくて、メンバーたちは休日も記念日も削って
東北に通って活動を続けていました。

あれから丸2年。

今年は東京都のど真ん中、吉祥寺駅から徒歩10分の
武蔵野市社会福祉協議会さまの敷地内で、広域避難者の皆さまに向けて
巨大カステラ作りのイベントを共催させていただきました。

580296_565615406846841_710770227_n

1513201_565615380180177_1083862638_n

1531856_565615330180182_219623161_n

1538767_565615176846864_399686343_n

1505613_565615353513513_503393331_n

1475992_565616126846769_20848746_n

3638_565615923513456_961894764_n

広域避難者の会の代表者は、福島県から来られている方で。
初めは土地勘がなく、行政からの情報以外は文字通り右も左もわからない。
まわりに同じような境遇の避難者が、どこにどれだけいるのかもほとんど不明。

それでもまだ若い彼女は、なんとかインターネットで色々と調べて、
不慣れな土地で最低限の生活を送っていたそうです。

「自分以外にも、同じように困っている広域避難者がいるはずだ!
 情報交換をする場を設ければ、助け合えることはたくさんある」

そう考えた彼女は、自発的に広域避難者のコミュニティを作り、
福祉協議会さんや地域ボランティアの皆様の協力を得て
定期的に交流イベントをされているそうです。

会場には、2歳になる元気なお子さんもいました。

「この子はこっちに避難してきてから生まれた。
 本当に周りのボランティアさんが親戚のようなもの」

そういって明るい笑顔を見せていたそうですが、

震災から丸2年半が経っても、故郷に戻れない方が大勢いること。
そしてそのお子さん達はもう2歳になり、いまだに故郷の光景を知らないこと。

そんな現実を目の前に、改めて衝撃を覚えずにはいられませんでした。
クリスマスに浮かれる東京の街の中で、点在する広域避難者の方々は
いまもどこかに不便を感じながら毎日を生きている。

東北の人のために、この国の未来のために、自分にいまできることは何だろう。

子どもの頃に夢見たサンタさんは
欲しいものをなんでもくれる、無敵で万能な存在でした。

サンタさんの正体は本当はただの大人たちで、大人になった今の僕たちは
失ったものを取り戻すことも、故郷を返してあげることもできないけれど。

政治家になった僕には、あの時以上にはできることがあるはずだから。
これからも考え続けて、その歩みが止まらぬように進みたいと思います。

被災者の方々に、一日も早く日常が戻りますように。
強く強く願いを込めて…

Wish you a Merry Christmas & Happy new year.

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ