ひらけ、東京!!

「娯楽を知らない人間に、ブランド・ビジネスはできないわよ」という一言に救われた若手社員時代【雑談】

日々のこと

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

今日は水曜日と金曜日に予定されている決算特別委員会の質問調整(水道局・下水道局)をみっちり夕方まで行なった後、夜は参加見込みが4000人超というマンモス塾になった小池百合子政経塾の事務運営作業。

当初見込みの4倍以上という事態に作業量は途方もなく、タクシーにて先ほど(AM2時)帰宅した次第です…。

そんなライフワークバランスが崩壊している人間が言及するのもアレですが、大手広告代理店で若手社員が過労自殺したことにより、残業抑制策が話題になっています。

午後10時に全館消灯 過労自殺受け残業抑制策
http://mainichi.jp/articles/20161025/k00/00m/040/112000c

都庁も先日、午後8時に消灯されることがニュースになりました。

そこでふと思い出したのが、若手会社員時代。私はブランドバッグや化粧品、シャンパンなどの高級酒を取り扱う会社に務めていたのですが、当時の社長(フランス人女性)にこんなことを言われました。

「早く帰って映画をみたり、買い物をしたり、そして美味しいお酒を飲んで食事を楽しみなさい。娯楽を知らない人間に、ブランド・ビジネスができるわけがないでしょう?

この一言は効きました。単に「休むのも仕事のうち!」というのではなくて、消費者が楽しむ気持ちもわからずに、うちの商材が売れるわけないだろコノヤロウ!というわけですね。

フランス企業ということもあるのでしょうが、こうしたポリシーを元に社員はみなアフター6を満喫していた人が多かったですし、職場の風通しも良かったと思います。まあ時期によっては、なかなか早く帰れないこともありましたが…

そしてもちろんこれはブランドビジネスに限らず、あらゆる職種で当てはまることだと思います。広告ビジネスだって、家でゆっくりテレビバラエティやコマーシャルを見て、世間の流れを身体で感じることも必要でしょう。

「プライベートがない人間に、うちの仕事ができるわけがない」

そういう感性を持っている人が周囲に一人でもいれば、今回過労自殺した方もそこまで追い詰められることがなかったのかもなあ…と。

24時間365日働かないと後ろ指を全力で刺される政治家ですが、一般感覚を失わないためにはプライベートや休日も重要なはず?!

山場を乗り切ったら、ライフワークバランスを正常化できるように尽力したい次第です…。

そんな私は明日も8時台からTBS「ビビット」に出演予定のため、簡潔ながら本日はこんなところで。

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ