東京から、あたらしくしよう

東京をあたらしくする、音喜多駿の政策

Tokyo Innovation

経済成長
大胆な規制緩和による民間主導の経済成長

規制緩和と特区を用いて、政府による介入のない民間主導の経済成長を目指します。また、シェアリングエコノミーやIoTへのシフトに対応した制度づくりを行います。

子ども・教育
教育無償化の実現、子育て支援への大胆な投資

教育予算の対GDP比を他の先進国並みに引き上げ、国の保育・教育インフラへの投資を大幅に拡大させます。同時に、幼稚園や保育園をはじめ、全ての教育の無償化を推進します。

共生
LGBT・夫婦別姓・ひとり親・里親…多様性あふれる社会を実現

多様性を尊重できる社会の実現を目指します。特にこれまでマイノリティとされてきた障害者やLGBTの方の支援に積極的に取り組みます。

行財政改革
議員報酬・定数3割カット、スリムで効率的な行政機構へ

第一に、自ら身を切る改革を実行し、政治家としての覚悟をお示しいたします。そのうえで、地方でできることは地方に、民間でできることは民間に、をモットーに徹底した行政改革をすすめます。

消費税
消費税の増税は凍結・軽減税率の完全撤廃

経済成長を阻害する消費税の10%引き上げの凍結を求めます。また、手続きを煩雑化し、特定産業への利益誘導型政治を招く軽減税率制度には強く反対します。

年金・社会保障
年金を含む時代遅れの社会保障制度を抜本的改革

少子高齢化の下、若い世代に負担を押しつける社会保障制度を見直します。年金については、情報公開を徹底し国民の信頼を取り戻したうえで、現役世代が損しない、子どもにツケをまわさない、積立方式への抜本的な改革を目指します。

憲法改正
教育無償化等に向けて、憲法改正議論を強く促進

時代にそぐわない部分がでてきた日本国憲法について、改正を前提に議論を深めていきます。特に教育無償化、統治機構改革、憲法裁判所の設置の三項目について改正を目指します。

その他にも、日々ブログで数々の政策提言を行っています。

音喜多駿の政策リーフレットはこちらからご覧いただけます

ページトップへ