ひらけ、東京!!

【Vol.22】東京都議会議員おときた駿メールマガジン

メールマガジンアーカイブ

―◇ 目 次 ◇―――――――――――――――――――――――――――

 [1] ブログに書けない、政治のセカイ
 -機を見るに敏、そして懐の深さよ…自民党ってやっぱりスゴイ-

 [2] この本を読もうよ!
 -モンテ・クリスト伯 / アレクサンドル・デュマ-

[3] あの頃…
 -50m走何秒?そんなことより、円周率の計算速度だろ?-

[4] お知らせ
 -個人献金のお願い、タウンミーティング開催-

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

[1] ブログに書けない、政治のセカイ
-機を見るに敏、そして懐の深さよ…自民党ってやっぱりスゴイ-

統一地方選挙が終わってはや1ヶ月。

二人三脚で選挙を闘い無事に当選させていただいた斉藤りえ氏ですが、
聴覚障がい者の彼女のために北区議会が素早く対応を完了し、
非常に多くのメディアで取り上げられ話題になりました。

全国初!地元北区で、議会のIT化による障がい者対応が実現しました

http://otokitashun.com/blog/daily/7432/

まさかここまでスムーズに事が進むとは正直予想しておらず、
これには事務局の多大な努力と、他会派の議員皆さまの
理解・ご協力があったからこそだと思います。

特に話を伺っているとすごかったのは、
最大会派である自民党さんの対応。

「せっかくだから、報道陣を呼んでデモンストレーションやりましょう!」

と積極的に提案し、今回のテレビや新聞報道の渦を
巻き起こした仕掛け人は彼らだったようです。

これ、足の引っ張り合いが常の政治の世界において、
非常に特筆すべき対応だと思います。手話を議場でしただけで糾弾されたり、
頑なに障がい者対応を行わなかった某地方議会の対応とは大違いです。

たとえ短期的にはライバルを目立たせることになっても、

「まずは北区が注目を浴びることが大事」
「日本で一番、北区が先進的な議会になるチャンス!」

と彼らは前向きに捉えたのでしょう。
実際に、これほど「東京都北区」がメディアに露出したことは
最近では思い当たりませんし、今後は行政視察も急増すると思います。

民間の感覚でいえば当たり前の判断かもしれませんが、
しがらみにや慣習でそれがなかなかできないのが政治の世界。
その中で、今回の対応を主導した北区自民党さんには一目を置かざる得ません。

一方で他の23区議会に目を向ければ、
少数会派が圧迫される残念な事態になっているわけですが…
それはまた、改めてブログにて言及します。

閑話休題。せっかく周囲の皆さまにいただいた大きなチャンス。
しっかりと活かしていけるよう、斉藤りえ区議とともに邁進して参ります。

[2] この本を読もうよ!
-モンテ・クリスト伯 / アレクサンドル・デュマ –

最近何を紹介してきたか忘れてしまったので(!)、
懐かしい「人生で影響が大きかった名作」シリーズをご紹介です。

モンテ・クリスト伯 / アレクサンドル・デュマ
http://goo.gl/POqTJ7

日本では「岩窟王」という名前のほうが馴染みがあるかもしれません。
ときはナポレオン時代の中世フランス。無実のスパイ容疑を着せられ、
地位も名誉も、愛する婚約者すらも奪われた若者。

その長い長い投獄生活の中で出会った囚人仲間から、
莫大な秘宝の隠し場所を教えられ、投獄生活が終わったあとに
その財産を駆使して伯爵の地位を手に入れます。

華々しくパリの社交界デビューを飾った伯爵は、
当時自分をハメた人たちに対して一人、また一人と復讐を果たしていく。
そして、そのカタキと結婚していた当時のフィアンセと出会ったとき…

罪とは、復讐の意味とは、名誉とは。
単なる娯楽小説ではなく、モンテ・クリスト伯の姿からは
人間社会における様々な苦悩や葛藤が伺えます。

これ、中高生くらいの時に読むと情操教育としていいんじゃないかと思います。
が、すでに大人になった皆さまもぜひ。面白いですよー。

[3] あの頃【雑談】…
-50m走何秒?そんなことより、円周率の計算速度だろ?-

春の運動会シーズンですねー。
あまり学校めぐりはしない私ですが、
母校の王子第二小学校の運動会を楽しく拝見させていただきました。

小学校といえば、「体育ができる男の子がモテる!」のが鉄板。
「50メートル走、何秒?」というのが合言葉のように飛び交い、
リレーの選手といえば英雄のように迎えられていた時代でした。

ちなみにちょっと調べたところ、最近だと小学校6年生の
50メートル走の平均は8.9秒くらいだそうです。

以前に書いたような気もしますが、私は小学校時代
スポーツの方はダメダメで、小学生の時は50メートル走のタイムが
9.3秒とかそんな体たらくだった気がします。

リレーの選手に選ばれたこともなく、まったく運動における尊敬を
一身に集めなかった僕がとった生存戦略はどのようなものかと言いますと、

「勉強なら誰にも負けん!!」

という単純なもの。
たぶん、円周率の計算なら当時北区の小学生で一番早かったもん!
根拠ないけど。

しかし算数や国語が少しできた程度で
リレー選手たちの輝きの足元にも及ぶはずもなく、
男子校の進学校に進学した私はあえなく

「女の子にキャーキャー言われる青春」

とは無縁の思春期を過ごしたとさ。
おや、目から青春の汗が。。

自分の子どもは運動神経がよくなるといいなーと思いつつ、
各地域の運動会が事故なく終わることを祈念いたします。敬具

[4] お知らせ
-個人献金のお願い、タウンミーティング開催-

1.
おときた駿への個人献金を募集しております。

日本にはまだまだ、政治家への個人献金が根付きません。
特定の企業・団体・労働組合からの支援を受けない私の活動は
皆さまからのご支援のみで成り立っております。

なぜだか働けば働くほどお金がなくなるのが、
議員という職業の不思議なところでして…

「負けるなおときた、もっと動け!」

という方、1,000円からの激励をお待ちしております!

おときた駿への献金のお願い
http://otokitashun.com/contribution/

2.
6月7日(日)10時よりタウンミーティングを開催!

海外視察報告を兼ねた第三回タウンミーティングを予定しております。
ありがたいことにすぐに満席になってしまったので会場のキャパを
倍の場所に変更したところ、今度は埋まらない事態になっております。苦笑

あと10名程度申し込めますので、
日曜日の午前から爽やかに過ごされたい方、ぜひともお申込みください!

【告知】6月7日(日)10時~欧州視察報告会(タウンミーティング)を行います!

http://otokitashun.com/blog/daily/7417/

今回も長々とおつきあいいただき、
誠にありがとうございました!

次回の配信は【2015年6月下旬】を予定しております。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ