ひらけ、東京!!

【Vol.3】東京都議会議員おときた駿メールマガジン

メールマガジンアーカイブ

―◇ 目 次 ◇―――――――――――――――――――――――――――

 [1] ブログに書けない、政治のセカイ
 -恐怖?!「質問取り」-

 [2] この本を読もうよ!-フェルマーの最終定理-

 [3] ふらりと行きたい、そんな店-「飲み地域」進化論–

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

[1] ブログに書けない、政治のセカイ
-恐怖?!「質問取り」-

第三回定例会が終わり、決算特別委員会に
アサインされた私は、人生で初めての「質問」をしています。

国会中継を見たことある人…が何名いるかわかりませんが、
質問者と回答者が交互に一問一答で答えて論戦をする。
都議会の委員会もだいたいそんなイメージです。

ですがこれ、公然の秘密ですが、本当に論争しているわけではなく、
実のところ事前にやりとりの内容はほとんど固まっています。
誤解を恐れずいえば、「台本」があるということです。

まあいくら担当局の局長クラスといえ、広大な範囲の業務の
すべてに精通しているわけではありませんから、いきなり
事業内容や数字を議員から聞かれても答えられません。

ある程度、質問内容を共有して答弁を作っておくのは
スムーズに物事を進めるためにはやむを得ない部分もあります。
つまり、委員会や議会は「始まった時には終わっている」です。

そう、なので過酷なのは、質問と答弁が確定するまで。
役人さんたちが議員と質問の調整をすることを「質問取り」と
言いますが、まあこれがとても凄い!

とにかく質疑に立つ日が決まったその瞬間から
担当局の方がやってきて、「先生、どんな質問をされますか?!」
と催促の荒らし。そして、

「この質問は、決算の場で聞かれるのはどうなんでしょう?」
「過去に似たようなご質問がありまして、回答も重複しますし…」
「この質問は、このように変えた方が良いと思いますが。。」

等、とにかく質問を減らしたり、答えやすいように調整されようとします。
以前にブログでも取り上げましたが、役所にとっての答弁は
とてつもなく重たい意味を持つもの。

できる限り答弁の量は少ない方がいいわけですし、
取組状況が芳しくない事業については、やっぱり答えたくないわけですね(-_-;)
こういうのに負けず、「良い質問」ができるかどうかが議員に問われます。

とはいえ、やはり人と人との付き合いもあります。
今後の流れや展開も考えて、

「じゃあ、この一問は取り下げますので、あとの2つはしっかり答えて下さい」

なんて、ビジネスさながらの駆け引きを行うこともあります。
うーん、なんだか、何をやってるんだという気もしますが…。

というわけで、一つの質問を作るに何回もやり取りをし、
時には深夜までに及ぶ調整をされている議員さんもいます。
こうして行われている委員会なので、当日議員さんは居眠りも…って、おい!!

よしにつけ悪しきにつけ、議会はとても厳格で慣習的なところなのです。
まずは慣れて、しかし染まらず、闘うべきところで闘おうと思います。

 [2] この本を読もうよ!-フェルマーの最終定理-

オススメ書籍を紹介するこちらのコーナー。
今回はあのホリエモンも一押ししていると噂の

フェルマーの最終定理
http://p.tl/wzfp

アマゾンのレビューの好評っぷりもヤバイですが、
本当にこのサイモン・シンさんの著作にはハズレがありません。
いわゆる「サイエンス・ノンフィクション」と言われるジャンル。

「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、
 余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」

ある数学者が残したあまりにも有名で何回な定理は
いつしか「フェルマーの最終定理」と呼ばれるようになる。
これに3世紀に渡って調整していった、天才数学者たちの物語。

ガウスやヒルベルトなど、数学に明るくない自分でも
知っている数学者たちが挑戦したこの難問。

時代を代表する天才たちが気の遠くなる時間を費やし、
ついに解けず、次世代にバトンを託してなくなっていく、
涙モノのエピソードがたっぷり300年分。面白くないわけがありません!

この難題に、幾多の数学者が少しずつヒントを見つけていき、
(日本人数学者も重要な役割を果たしてます)
ついに一人の天才が、その証明に手をかけたに見えたが…?!

知的好奇心をビンビンにそそられるノンフィクション、
読書の秋に自信を持っておすすめできる一冊です。

[3] ふらりと行きたい、そんな店-「飲み地域」進化論-

今日は特定のお店のお話ではないのですが、
年齢とともにお酒を飲む地域って変わりますよね?という話題。
(あまり中身のない雑談です。笑)

大学生のころはとにかく新宿・渋谷。
あの頃の僕らが求めていたのは

「とにかく安く」
「朝まで馬鹿騒ぎができて」
「全員が集まりやすい場所」

でした。
女の子と飲むいわゆる「コンパ」でも、
新宿や渋谷で飲むことになんら違和感がありませんでした。

ところが社会人になると、何やら女性陣が
飲み会の場所について異論を唱え始めます。

「新宿とか渋谷は、うるさいから嫌だ」
「もっとちゃんとした店で食べたい」

いつしか我々の主戦場は、
六本木・恵比寿・青山へと移っていきます。
北区民の僕としては口惜しい限りです。

で、これがもっと歳を重ねてくると
銀座・赤坂が主戦場になってくるんでしょうね。
その頃には「コンパ」なんてしていないはずですが。はずですが。

ちなみに、「議員になってから飲む場所変わりました?」
と聞かれることもありますが、特に変わってません。
料亭に行く機会も(今のところ)ありません。

むしろコンパのお誘いが激減したので、
都庁の周りと地元で飲んでることが多いですね。
…話を戻しまして、

新宿・渋谷

六本木・恵比寿・青山

銀座・赤坂

これが1980年代前後生まれの
「飲む場所変遷図」だと思うのですが、どうでしょう。
異論反論お待ちしております(笑)。

ちなみに僕が一番好きな飲み屋街は、高田馬場です。キリッ

ではでは、本日はこの辺りで。
次回の配信は【11月中旬】を予定しております。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ