ひらけ、東京!!

平均2,590万円、都議会議員の「年間所得」公開において、私の大きなミスがありました…

都議会の話

東京都の資産公開条例に基づきまして、
昨日都議会議員の2014年所得が公開されました。

IMG_9780

都議 平均所得2590万円 前年比955万増
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20150701-OYTNT50021.html

都議会議員の報酬は額面で年間1700万弱。
税金などを引かれると手取りは「1,452万円」となり、
多くの議員たちは横並びでこの金額が所得となっています。

これに加えて不動産の家賃収入や、兼業でビジネスをやっている方などは
所得が加算されて、平均すると掲題の金額になるというわけですね。
(お一人、平均値を上げている方がいるので、やや誤解を招く数字になりますが。。)

さて、上記の画像で赤線を引かせていただいたように、
私はこの横並びの数字よりずいぶんと金額が大きくなっています。

大変申し訳ありません、こちらには誤りがありました。
正しくは1,737万→約1,475万となります。

Scan30002

確かに執筆料などで多少の副収入があるので数字は加算されるのですが、
さすがにプラス300万円分もありません…。

ちなみに「顧問料」というのは怪しげな響きですが、
いわゆる名義貸しとかをしている政治家のアレではなく、
IT系の会社できちんと実働しております。適当な項目がないので「顧問料」にしました。

ミス発生の事情については、
事務所の経理もお願いしている知り合いの税理士さんに、
私個人の確定申告も一緒にお願いして書類を作ってもらったのですが、

確定申告書類の「税金計算前の金額」を秘書が間違えて転載

私がミスに気づかずにそのまま提出

情報公開

となってしまったことが原因・経緯となりまして、
完全に私の不徳の致すところです。

報道発表後にミスに気づき、すみやかに議会事務局に連絡し
本日いま時点ですでに訂正はなされておりますが、多くの新聞紙等に報道され、
平均値などを狂わせてしまったことに反省するばかりです。

こうした金銭に関するミスで都民の皆さまの信頼を損なわなぬよう、
今後はスタッフともども細心の注意を払って行動していく所存です。

今回の発表でご迷惑をかけた報道機関・事務局を含め、
重ねて皆さまに深くお詫びを申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。

以上、取り急ぎのご報告とさせていただきます。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ