ひらけ、東京!!

「舛添候補は在日」「外国人参政権に賛成」という噂が流れた真相

都議会の話

先ほど一般質問の初日が終了しましたが、
その中で非常に興味深いやり取りがあったので、忘れないうちに共有します。
明日の新聞にも載りそうですけど。

民主党の田中健議員からの

「舛添知事は外国人参政権に賛成という話があるが、これについての見解を伺う」

旨の質問に対して、珍しく(?)感情を露わにした
舛添知事から、以下のような答弁がありました。


参政権は国籍を取得した人にのみ与えられるべきである。
(外国人参政権には明確に反対である)


自分が外国人参政権に賛成であるという噂が流れたが、
その根拠は自分の父がかつて北九州で市議会選挙に挑戦した際、
チラシにハングルのルビがふってあったことが一因のようだ。


当時(戦前?)の日本では、韓国・朝鮮の方にも選挙権があった
被選挙権もあり、実際に朝鮮人の方で議員になられている方もいた。
さらに、投票はハングルやローマ字でも有効であった


日本に住んでいる方々で、日本語が読めない方もたくさんいた。
そうした有権者のために、ハングルでルビをふるのは当時は珍しいことではなかった。


こうした時代背景を理解・勉強せず、根拠のない話をすることは無益である
繰り返しになるが、参政権は国籍を取得した人のみに与えられるべきである。

一言一句まで正確ではありませんが、
だいたいこのような答弁であったと思います。

確かに選挙期間中、

「舛添候補(当時)は在日である」
「外国人参政権に賛成している、売国奴だ!」

といった根拠薄弱な噂を何度か耳にしました。
それにはこういった背景があったのですね…。

選挙期間中に明確な反論は本人からされなかったようですけど、
本件については色々と言いたいこともあったのでしょう。
それが本日の答弁の中で、強い気持ちとなって現れたように感じました。

戦前、朝鮮半島が日本の統治下にあった際、朝鮮の人々も
帝国市民としてきちんと扱われ、日本人と同様の選挙権・被選挙権が
与えられていたことは知っていましたが、ハングルでも投票ができたのですね。

「政治を司るものは、時代背景やその理由をよく勉強しなければならない」

といったニュアンスの発言もされておりまして、
それはまったくおっしゃる通りだと思います。当時、多言語で投票できる
先進的なシステムが日本にあったことは、知らない人も多いのではないでしょうか?

ちなみに、前知事はほとんどペーパー読みでアドリブが少なかったのに比べて
舛添知事は(今のところ?)かなり自分の言葉も交えて、感情のこもった答弁をする印象です。
新鮮なのもあるけれど、答弁を聞くときは身を乗り出してしまいますね。

そんな熱いやり取りも展開される都議会は
いよいよ明日が質問最終日!おときたは17時頃より登壇予定です。
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/live/

引き続き、ご注目いただければ幸いです。
それでは!

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ