ひらけ、東京!!

年忘れ、都議会議員の期末手当(ボーナス)大公開!

都議会の話

猪瀬元都知事を巡るシリアスな事態が続いていたことにより、
公開のタイミングを逃しておりましたが…

年末といえば、皆さま大好きな「ボーナス」の季節ですね!!

給与支給体型が公務員に準じている議員にも、
同様に夏場と年末の2回に分けてボーナスが支給されます。

ご案内の通り、給与明細を公開している私ですので、
もちろんボーナスの詳細も共有させていただきます!

参考:
都議会議員の給料、すべて見せます!
http://otokitashun.com/blog/togikai/1321/
参考2:
手取り80万超、手元に残るのは○○万?!議員の給与公開第二弾
http://otokitashun.com/blog/togikai/1502/

写真 1

12月10日に振り込まれる、支給区分「期末」と記された議員報酬明細。
早速、中を明けてみると…

写真 3

額面:1,378,167円
所得税:450,274円

実質支給額:927,893円

…月額報酬や年収から考えると、案外と少ない??
計算式を解説すると、こうなります。

まず、都議会議員の月額報酬は1,022,000円です。
期末手当の計算式は『月額報酬×1.45×1.55』とのことなので、

月額報酬(1,022,000円)×1.45×1.55=2,296,945円

満額支給の場合、これがボーナスの額面となります。
ところが今回の場合、6月に都議会の改選がありまして
我々の任期は7月23日スタートだったので、60%の支給となるようです。

さらにここから、恐怖の所得税が差っ引かれます。
その税率、なんと32.672%!というわけで、

2,296,945円(満額)×0.6=1,378,167円
1,378,167円-(1,378,167円×0.32672=450,274円)=927,893円

こうした数字が算出されました、と。

うーん、しまった。正直、もう少し支給額面が高いと当て込んで
ホームページをリニューアルしたり事務所の看板を作ったりしていたので、
その出費で足が出てしまうかも…(汗)。

と思っていたのですが、意外な方向から救済がありました。
12月15日に支給される通常の月額議員報酬を見てみたところ、

写真 2

所得税:-603,320円

おお、60万円も税金が返ってきている!
所得税は基本的に昨年の所得に対してかかるもの(※)なので、
取られすぎていた部分が年末の調整で戻ってきたようです。

※訂正追記
昨年の所得に対してかかるのは住民税でした。
私が今年の前半無職だったため、納めすぎていた所得税が返還された模様。

これで一安心して小躍りしていたのですが、
先輩議員いわく

「議員になった初年度は3月末にも調整が入る可能性があって、
 そこで大幅に引かれる可能性もあるから、使わない方がいいよ」

とのことでした。
うーむ、そういうものなのですかね…所得税制はよくわからぬ。。
こちらはまた、年度末(3月末)にご報告いたします。

というわけで、年忘れのボーナス大公開でございました。
そうは言っても

「全然民間よりもらってるじゃないか、贅沢言うな!!」

という声が聞こえてきそうなところです。
それは全くおっしゃるとおりです。この報酬に見合った働きをしている
都議会議員が果たして何人いるのか、厳しい審査を受けなければなりません。

なのですが一方で、これから議員たちは恐怖の

「新年会・賀詞交換会シーズン」
「年賀状(都政レポート)郵送祭り」

を迎えることになるのです。
これに係る出費はなんと…またの機会に続く。笑

また、都民の皆さまのお金の使途ですから、引き続き透明性が高まるよう
政務調査費の使用経過も年明けに再び中間報告いたします。

それでは皆さま、引き続きよいクリスマスをお過ごし下さい^^
都庁の光だ綺麗ダナー

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ