ひらけ、東京!!

とにかく人が多いのです

都議会の話

委員会、会派総会、委員会、打ち合わせ、
会合、会合、飲み会からの二次会でターンエンド!

…みたいな毎日が続いておりまして、
ちょっとブログ更新の間が空いてしまいました。
議会の会期中より忙しい気がする。。

さて、今週からは以前にご説明した
「決算特別委員会」がスタートしました。
予算より注目度が低いとはいえ、行政手続きにとっては超重要です。

決算委員会はその多岐に渡る項目と関係局の広さから
3つの分科会に分かれて行われるのですが、開催日になると
委員会室の外に100人くらい職員さんが溢れてます。汗

1つの分科会につき、1回2~3局の説明や質疑が行われるのですが、
だいたい各局「幹部職員」「関係職員」が40~50名出席して、
他の局の方々は入れ替わるために外で待機しているので、

そういう事態になるのですね…

んで分科会ですが、40人以上の職員さんにお越しいただいているのですが、
実際に発言するのはそのうちの2、3名くらい。

まあこういう「儀式的」な出席は、民間企業でもよくあることなので
ある程度仕方ないのかもしれませんが、能力もお給料も高い方々が
部屋の中や外で待ってる時間はもったいないなー、と単純に思います。

そして、いただいた資料に不明点があったのでとある部署に
疑問点を15項目くらいまとめてメールしてみたところ、

のべ20人くらい職員さんが控え室にやってきて、
((;゚Д゚) みたいな顔になりました。苦笑

基本的に議員への対応は必ず「課長職以上」がされるらしく、
その課長さんがまた一線の職員さんを連れて説明にきて下さるため、
関係課が多岐にわたる質問をすると、こうなるみたいですね。。

いろんな質問がその場でも議員から出るかもしれないので、
ちゃんと職責を担える人が全員説明に行くということなのだと思いますが、
なんか恐縮だし効率的にならんもんかなーとは思います。

何はともあれ、これだけたくさんの方々が関わっている行政決算ですから、
しっかりとそれに答える審議をしていかなければなりませんね。

簡単ですが、明日も早いので本日はこの辺りにて。
良い週末を!

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ