ひらけ、東京!!

セクシャルマイノリティとDV、警察相談について提言いたしました

都議会の話
LINEで送る
[`evernote` not found]

行政からの答弁等はないので正規の拘束力はありませんが、
議員は議会や委員会の外でも行政機関に対して
いつでも意見や提案をすることができます。

この度、警察・消防委員会である立場を活かして、
警視庁のご担当者に

「セクシャルマイノリティのDVと警察対応」

ついて調査書・提案書を提出いたしました。

※セクシャルマイノリティ
sexual minority 性的少数者。
セクシャリティ(性的な指向や嗜好、行動や性自認など)における少数派のこと。
主にゲイやレズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーなどの人々の総称として使われる。

今回の主な提案内容は以下のとおりです。

・セクシャルマイノリティ専門の生活相談ダイヤルの設置
・または、相談窓口への専門知識を持った相談員の配置

image

背景には、行政機関のセクシャルマイノリティへの無理解があります。
特に同性間のDV(ドメスティックバイオレンス)についてはNPO等にその相談事例が多く、

「勇気を持って警察に相談しにいったが、相手にされなかった」
「『どっちが男役?』などと詮索され、信頼できなかった」

という声が多くあります。
こうした状況の中で

「通報しても相手にされないから無駄だ」

とDV相手に脅迫され、警察に相談できず
被害が拡大してしまった事例もあります。

またDVからは離れますが、同じくセクシャルマイノリティが
警察への相談を躊躇して通報しないことから、彼らが集まる場をねらった
強盗殺人事件や傷害事件が都内で起きています。

例)<新木場・夢の島緑道公園 殺人事件>関連記事
http://park.y-cru.com/homogari/news-kiba.html

DVや犯罪被害だけに限らず、セクシャルマイノリティへの行政の無理解が
疎外感と「生きづらさ」を招き、それが一因ともなってセクシャルマイノリティの
自殺率の高さは異性愛者と比べて数倍から十数倍に及ぶとの調査結果もあります。

こうした事例などを調査し取りまとめ、現場職員への指導・教育の重要性を確認するとともに、
特にその先駆けとして「警視庁総合相談センター」に具体的な対応機関を設置することで、
対応改善を図ることを提言した次第です。

ここに至る経緯は、以前に私が私的につけていたブログにて
セクシャルマイノリティの方を蔑視する発言があり、謝罪したことがきっかけです。
(その節は私自身も無理解の極みであり、大変反省しています。)

この過程でセクシャルマイノリティを支援する複数の団体の方にお会いする機会をいただき、
彼らを取り巻く環境やその課題、解決策について様々なご意見をいただきました。
(例えば都営住宅には、同性のカップルは入居できないなど。先進国ではできる国が多い)

問題は広範囲で、警察に関わることだけではありませんでしたが、
まずは自分の職責でありコンタクトを取りやすい警視庁に
対応改善を求める提案書を提出いたしました。

今後も具体的な事例を集める調査を進め、
引き続き警視庁の担当者と密に連絡を取り
目に見える対応改善が行われるよう働きかけて行きます。

取り急ぎですが、活動のご報告まで。

ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿

LINEで送る
[`evernote` not found]

ページトップへ