ひらけ、東京!!

VS決算書!…なんだけど。。

都議会の話

議会閉会中の本日ですが、
議案の調査や質問の準備に追われる中、
定例会終了後にすぐ行われる

「決算特別委員会」

の資料がすでに届きました。

IMG_2272

どーん。
その数、なんと20冊以上…!

さすが6兆円規模を誇る東京都の多岐に渡る会計決算書ですが、
とりあえずパラパラめくって気付いたことは

文字がほとんどない\(^o^)/

いや、「決算書」だから当たり前なんですけど…。
簿記3級は持っているものの、財務会計畑でもない
門外漢の人間が、いきなりこの数値から何かを読み取るのは至難の技。。

しかしながら、決算委員会では当然、
各分野について鋭い切り込みを入れていくのが議員の職責です。
都政において「決算特別委員会」はまず

【各会計決算特別委員会】
【公営企業会計決算特別委員会】

の2つに分けられ、さらにその中で担当局別に
「分科会」が設けられ、2ヶ月超に渡り審議がされていきます。

どれだけ分量があるか、項目でお示ししますと
前者の【各会計決算特別委員会】の範疇は

・東京都一般会計決算
・東京都特別区財政調整会計決算
・東京都地方消費税清算会計決算
・東京都小笠原諸島生活再建資金会計決算
・東京都母子福祉貸付資金会計決算
・東京都心身障害者扶養年金会計決算
・東京都中小企業設備導入等資金会計決算
・東京都林業・木材産業改善資金助成会計決算
・東京都沿岸漁業改善資金助成会計決算
・東京都と場会計決算
・東京都都営住宅等事業会計決算
・東京都都営住宅等保証金会計決算
・東京都都市開発資金会計決算
・東京都用地会計決算
・東京都公債費会計決算
・東京都多摩ニュータウン事業会計決算
・東京都臨海都市基盤整備事業会計決算

後者の【公営企業会計決算特別委員会】

・東京都病院会計決算
・東京都中央卸売市場会計決算
・東京都都市再開発事業会計決算
・東京都臨海地域開発事業会計決算
・東京都港湾事業会計決算
・東京都交通事業会計決算
・東京都高速電車事業会計決算
・東京都電気事業会計決算
・東京都水道事業会計決算
・東京都工業用水道事業会計決算
・東京都下水道事業会計決算

とまあ、これだけの決算書に目を通さなければなりません。
(平成23年実績に拠る)

と、都議会議員はみんな、
そんな特殊スキルを持つ化け物揃いなのかっ…!

などと自信を喪失しまして、去年の議事録を読み込んで
過去に先輩方がどんな質問や切り込み方をしているのか見てみたのですが、

各会計決算特別委員会の記録
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/kakketsu/d4010001.html

「○○についての成果と見解をお伺いします」
「××をより充実させていくべきかと思いますが、いかがでしょうか?」

うーん、率直にいって、すっごい抽象的
想像していたような、

「細かい金額の流れから、不正や改善点を暴き出す」

とはかけ離れた質疑や追及が多く、多くの議員さんたちは
自分たちのライフワークや得意分野について、あまり数字には拘らず
指針や方向性について問い正しているケースが多いようです。

もちろん、不用額に鋭く追及している方もいらっしゃるのですがごく少数。
細かな数字のチェックは別に監査機関があるとはいえ、
これが議員の役割で良いのかなぁと率直に思いました。

とはいえ、都議には政策秘書もいないわけで、
自分自身もどこまでこの委員会でバリューを出せるかわからないのですが、
とにかく1か月間、勉強して何か切り口がないか模索していきます…。
どなたかアドバイスがある方は、ぜひ宜しくお願いいたします。。

取り急ぎ、今日はこの辺で。

メールマガジンはじめました

※メルマガ第一弾、発行済です!過去ログのご請求はお気軽にどうぞ。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ