ひらけ、東京!!

投票率は、世代別の「通知票」。だからやっぱり選挙にいこう!

選挙の話

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。
20時でマイクが使える時間も終了しまして、明日がいよいよ参院選挙の投票日です。

今日はガッツリ12時間、選挙カーに乗っておりましたが、
相当数の選挙の場数をこなしてくると、盛り上がり度合いが肌で感じられます。

今回は…盛り上がっておりません。。

厳しい投票率が予想されています。
しかしそれでも私たちは、「投票にいこう!」と呼びかけるしかありません。

特に今回はじめて投票に行く若い世代は、
盛り上がり云々というのはそれほど影響がないはずです。
一方で、

「自分ひとりが行かなかったところで、何も影響はないだろう」
「どうして選挙って行かなきゃいけないんですか?」

という、素朴な意見や疑問を持っている方も多いと思います。
そこで私は最近、投票率は世代別の「通信簿」だと説明しています。

世代の成績が上がれば先生たちに目をかけてもらえて、
その学年にはいい教材やエースクラスの講師が回ってくる。
逆に、成績が悪ければ投資をしてもらえない。

横着して以下に、先日の「スクールオブロック」に出た際の説明を貼り付けておきます。

20160707_sol20

おときた先生「実は、30%ちょっと。3人に一人しか行かないんです。50代、60代の人は60~70%なので、倍以上選挙に行くわけですね。そうなると、お金が若者に使われないんです。若者は選挙に来ないから、奨学金を充実させるよりも年金や医療費を充実させた方が票になる。って政治家が思ってしまうんです。若い人の投票率が上がってくれば、ここも無視できないぞ。ってなって世代全体の評価が上がって若者にお金とかが使われるようになるんです」とーやま校長「ちはるは10代でしょ? 選挙に行くことでちはるの周りの生活が良くなることもあるし、そのためにも行かないといけないんだね」

おときた先生「投票率は世代別の通知表だと思ってください。投票率が悪いと世代全体の評価が落ちるんです。10代の成績が良いと、お金や政策を10代のために使わないと!ってなるんですよ。成績を上げるためにみんなで投票に行って、1点1点を積み重ねて行くことが大事だと思いますね」

とーやま校長「これはだいぶ分かりやすかったんじゃない?」

中瀬 ちはる「はい。何も考えずに投票することでも投票率ってあがるじゃないですか。それよりも、自分はここに投票したいって考えて選挙に行く方が大事だと思うんですけど…」

おときた先生「そうですね。考えて投票してもらった方が良いと思います。ただ、それが分からないからといって、行かなくていいやっていう風にはなって欲しくないですよね。正しいかどうか分からなくても、1票を投じるという事には世代全体の通知表を良くするという効果があるので、選挙には行っていただきたいなと思いますね」

皆さま、投票先はお決まりでしょうか。
皆さまが信じる政治家に、自分の一票を託してください。

一票では、何も変わらないのではなくて、
一票でしか、社会を変えていくことはできません。

参考に、私の投票先は以下のとおりです。

4583137165782

【比例代表】
渡辺よしみ候補

4520275241654

【東京選挙区】
田中康夫候補

4537692273105

そして投票先ではありませんが、
神奈川選挙区では中西けんじ候補を個人推薦しております。

その他の選挙区については、下記のまとめをご覧ください↓
おときた駿(東京都議会議員 /北区選出)の「この選挙区なら誰にいれる?」 – Togetterまとめ

参院選2016関連の過去記事はコチラから。

明日の投開票日が、より良い社会の一歩となりますように。
それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ