ひらけ、東京!!

【メモ】森喜朗会長、殺到する自身への批判に対して壮大な逆ギレを披露

森喜朗会長延々30分恨み節、新国立問題で批判集中
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00000139-nksports-soci

>森会長:(検証委員会の)議事録を読んだが(自分が)圧力をかけたことなんか出ていない。

ご自身の存在そのものが大きなプレッシャーであることに
この期に及んで気付かないのは、故意なのか天然なのか…。

>また、19年ラグビーW杯日本大会で使用できなくなったことで「(W杯を管轄する)ワールドラグビーに100億円払わされた」と嘆いた。観客減となり入場料収入が減ることへのペナルティーだとして「60億円が宝くじで40億円がtoto。国民のみなさんの投資したお金を払っている」と暴露した。

その空手形を切ってきたのは、誰だったのでしょうか。
すべての責任を周りに押し付けて、トップとしての責任感がまるでありません。

残念ながら、彼が五輪組織委員会の会長であるかぎり、
2020年まで東京五輪に関しては大なり小なり問題が発生し続けることでしょう。

ただ、ザハ案の新国立競技場の費用問題で、

「国がたった2500億円出せなかったのかね」

という発言で叩かれた点については、昨今の軽減税率や
高齢者に対するバラマキ施策に対して、平気で1兆円や3000億円という金額が
飛びかっているのを見ると、彼がそういう感覚なのも仕方ないよなとは思いました。

とはいえ、なんとかならないものか…
やはり、東京都がイニシアチブを取り戻すしかない!?

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ