ひらけ、東京!!

【メモ】選挙期間中でも、特定候補者のことが書けるのは〇〇新聞だけ?!

メモ

区議選出馬の筆談ホステス 街頭演説でなぜ筆談NGなのか
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/391238/

「報道の中立性」をお題目に、選挙間近&期間中は大新聞やテレビメディアは
特定候補の報道を一斉にしなくなるのですが、スポーツ新聞は例外です。
話題性のある候補者をバンバン取り上げます。

とはいえ他のメディアも、スキャンダルとかが起こればどんな時であれ
一斉に報道したりするので、そのあたりのさじ加減ってのはよくわかりませんね。。

>斉藤氏の代わりにマイクを握るのは、日本初の“ブロガー議員”で、同党の東京都議会議員(北区選出)音喜多駿氏(31)だ。(中略)

>「投票率低下は深刻だが、1人でも多くの浮動票を獲得しトップ当選を目指したい」と音喜多氏が語れば、斉藤氏も筆談で「投票率が下がり、大政党所属でない候補者、新人候補には大変厳しい状況であると感じています。選挙戦では自らの政策や理念だけではなく、『投票に行ってほしい』『自分たちの街のことを考えてほしい』という気持ちを込めて、有権者の方々に接していきたいと考えています」と考えを示した。

ついでに私のことも取り上げていただき、ありがとうございます^^

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ