ひらけ、東京!!

マタニティマークが、マタハラ被害のきっかけ?!ソーシャルボイスラボ第四弾公開

お知らせ

バタバタとしていて公開が遅れてしまいましたが、
「ソーシャルボイスラボ」の第四弾を公開いたしました!

マタニティマークがマタハラ被害のきっかけになるなんておかしいよ!!
http://social-voice.jp/lab/maternitymark/

2014092501

ネットで時々、負の話題になるこの「マタニティマーク」
内閣府が普及啓発に努めると宣言したものの、その実態はどうなっているのでしょうか。

ちなみに奇しくも、あのセクハラ野次問題の時に塩村都議が質問していたのも、
このマタニティマークに関連した項目でありました。

04-4-1024x709

>「 電車内でマタニティマークを見たおじさんが舌打ちをした。
>「電車になんか乗るな!タクシーにでも乗れ!」と言われた」

などの負の体験談や、こうした事例を知って

>「私は先生や保健師さんに言われてマタニティマークは常につけてますがバックの内側に入れて
>普段は見えないようにしています。「妊婦様」じゃないけれど、悲しいこともあってますよね。
>ネットでもよく見るし。もしいま電車に乗ってもマタニティマーク出して優先席前に立つ勇気ないかもです」

等、実際に妊娠中の女性が自ら使用を抑制してしまうケースも見られました。
しかしながら、定量的な分析においては、マークに対して否定的な書き込みは
RTや引用が多く、実際にネガティブな書き込み実数はそれほど多くないこともわかりました。

04-3

追加調査で「マタニティーマーク×東京都」を調べたところ、
もっともマークの使用頻度・親和性の高そうな東京都においてすら、
ほとんど話題にのぼっていないことがわかります。

04-8

マタニティマークについてはその功罪はもとより、
やはりその普及・周知徹底が第一と言えるでしょう。

こちらの調査結果を元に、今後の政策提言につなげて参ります。
詳細は、リンク先よりぜひご覧くださいませ!

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ