ひらけ、東京!!

ダイエット成功で、57.5キロ→53.8キロ!絶対に失敗しない、議員流ダイエット術【雑談】

日々のこと

S__1916931

密かに行っていたダイエットに成功しました!!

わたくし、議員になってから自分に約束していることは色々とあるのですが、
その一つに「絶対に太らない!」というものがあります。
昔のポスターなどを見ると、

「…誰??」

という方々ばかりなのがこの業界。
そりゃあお酒の付き合いは増えるかもしれませんが、
「先生」になって突然身体も態度も大きくなれば、良い印象はありませんよね…。

そんなわけで、元々太りやすい体質なのもあって、
体系維持には気を使っているのですが、

30歳からのアラサー体型維持入門【雑談】
http://otokitashun.com/blog/daily/2966/

5月に11日間に渡って行ってきた海外視察が、

・3食ばっちり食事が出てくる
・「せっかくの現地料理だから」と残さず食べる
・移動ばかりで、運動する機会も皆無

という状況。帰国後に体重計に乗ってみたら自分史上最大の「57.5キロ」!
この数字と、明らかに余計な肉がついたお腹を見つめ、
「夏までに、あの肉体を取り戻す!必ずな!!」と誓った次第だったのです。


ちなみに身長は168cmで、自分的ベスト体重は55キロ前後。

自分で言うのもなんですが、太ったとはいえ「デブ」という領域ではないので、
ここから1ヶ月半で3キロ削ったのはなかなか凄いと思います。

色々と考えた結果、このやり方だとそれほどストレスなく
ダイエットが続けられたので、せっかくだから紹介してみます。

・食事は1日2食(朝と夜)
・夜は炭水化物抜き
・ビールは禁止、最初に一杯目からハイボール

基本的にこの3つなのですが、
いくつか続けられたコツというか、自分ルールがあります。

〇朝は好きなものを好きなだけ食べていい

一番大きかったのは、これ。
あまりにも厳しく縛るとダイエットは続きません。
そこで、朝は炭水化物も含めて好きなものを食べていいというルールにしました。

でも朝って、そんなに量を食べられませんよね?
そして朝からかつ丼やラーメンを食べたくなる人も少ないと思います。
結果的に朝はヘルシーなものしか食べないわりに、

「明日の朝になれば、好きなものが食べれるから!」

と、夜寝る前のインセンティブになるので、
これでけっこう夜に食べたい気持ちを抑制することができました。

〇夜もお腹はいっぱいになるまで食べてOK

ボクサーやアスリートではないので、
お腹が空いて業務に支障をきたしては本末転倒。

なので、夜は炭水化物は徹底的に抜くものの、
欲望の赴くままにおかずでお腹いっぱいに食べてました。

しかしこれをやってみて思うのは、
炭水化物って本当にコスパがいいんだなってこと。

おかずでお腹をいっぱいにしようして
サラダと冷奴とチキンステーキと…なんて頼んでると、余裕で1,000円オーバーになります。
ご飯付ければ一発でお腹いっぱいになるのにねえ。コメは偉大です。

〇お腹がすいたらこんにゃくゼリー!

朝をしっかり食べれば、案外と1日2食ってすぐ慣れます。これ本当。
とはいえ、夕方くらいの時間になるとどうしてもお腹は空くもの。

そこで登場、マンナンライフのこんにゃく畑!
いやーこれほど心強い味方はありません。
全部に共通することですが、

「お腹がすいたら、無理せず食べる」

ということが、継続の秘訣のような気がします。

あとはジョギング増やしたりダンスレッスン行ったり、
懐かしのビリーズブートキャンプを引っ張り出してやってみたりしましたが、
やっぱり食事を制限するとてきめんに体重は落ちますねー。

目標体重を突破して体重は削れたし腹筋も割れたのですが、
朝ごはんしっかり食べるのは健康的だし、昼ご飯食べなくても平気になったので、
しばらくはこの食生活を続けてみようかなーと思ってます。

これで浜辺の目線を独り占めだぜ!
…と思いましたが、海に行くヒマは今年もなさそうだなあ。。

そんなわけで、週末なので雑談がてらダイエット体験談でした。
みんなもこの季節に、理想のBodyを手にいれようZE!

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ