ひらけ、東京!!

31歳の政治家なんて、もうオッサンなんだという話

日々のこと

「共産党は『共産』という名前がついている限り、支持率が伸びることはない」

政治の世界では、冷戦終了後にずっとまことしやかに流れていた言説です。
ところが現実にはどうでしょうか?共産党の支持率は伸びる一方です。
特にネット上では、政党別でトップのアクセスを誇るのは共産党HPなのは揺るぎない事実です。

今日たまたま、色々な世代と朝から晩まで色々な場面で
話していて感じたことですけれど、世代間の価値観の違いと、

「私はこの世代(あるいは若い世代)のことをわかっている、代弁している」

という『すれ違い』が、行き着くところまで行ってしまっているように感じます。
(もちろん、皆さま自分の経験に基づいて、間違ったことを言っているわけではありません)

冒頭の例ですが、確かに共産主義アレルギーの残る世代はそうかもしれません。
でもぶっちゃけ、私の周りにも

「入れるところないから、しっかりしてそうな共産党に入れるわ。(支持してないけど)」

という人はたくさんいますし、もっと若い世代の十代・二十代ともなれば、
すでに「ソ連」が歴史上の存在になっている世代なわけです。

「共産主義」という言葉に、若い世代はどれほど抵抗感があるのでしょうか?
ビートルズの「Back in the U.S.S.R.」なんて、存在すら知らない世代です。

私自身、ネット上ではありがたいことに「若い世代の代表的な政治家」という
評価をいただくこともありますが、ブログと一般的なSNSをやっているぐらいで、
LINE@はギリギリだし、インスタグラムはほとんどやってません。

若い世代のコミュニケーション方法にキャッチアップできていないのに、
「若い世代のニーズはこうだ!」と断言することは、もはやできない
と言えるでしょう。

一方で政治の世界にいると、それでも私は圧倒的な若手です。
このギャップにまどわされずにしっかりと自己認識をし、
研鑽を重ねていかなければ…と思った一日でした。

年齢・世代の問題はとことん難しいですね。
結論めいたものがなくて申し訳ありませんが、自分のための「ログ」としてここに
残しておくことします。これこそがブログの意義!(もうこの価値観が古いかも?!)

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ