ひらけ、東京!!

いわゆる「挫折」や「苦労」とかが少ない、ある種のコンプレックスについて

日々のこと

日曜日の夜なので恒例の(?)取り留めもない雑談のコーナーです。

昨晩はお馴染みの上田令子都議と、
実際に里親をされていて児童養護の分野で
とても熱心に活動されている方々と杯を交わす機会がありました。

私も僭越ながらこの分野は自分のライフワークとして
昨年の後半から重点的に取り組みをさせていただいておりまして、
政治家の中では相当に熱意と知識を持っている方だと自負しておりますが、

里親・児童養護・社会的養護に関する過去記事はコチラ↓
http://otokitashun.com/tag/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E9%A4%8A%E8%AD%B7/

この分野に興味をお持ちの方は、ぜひこちらの書籍も!

なんというか、当然のことながら皆さんの当事者性や
この分野にかける熱意はすごいものがあって、圧倒されるばかりでした…。

やっぱり、「社会を変える!」という意思を持って活動している人って、
強烈なまでのバックグラウンドを持ってる方々が多いんですよね。当たり前ですけど。
具体的に誰というわけではありませんが、

家がとても貧乏で苦労していたりとか。
親を早くに失くして特別な環境で育ってきたとか。

翻って自分を見てみると、
「どうして児童養護の分野に熱心なんですか?」と聞かれても、

「教育経済学的に、この分野を改善することが一番合理的なので…

とか答えてて、めっちゃドライ
皆さんがストーリーを語っている中で、我ながらドン引きですよ。。

「なんで政治家になろうと思ったんですか?」

という質問に対してもそうですが、
皆さんきっと田中角栄みたいな、強烈なストーリーを期待してると思うんですよね。
でも自分なんか半分くらい、「女の子にモテたかったから」とかそんな不純な動機ですし…

参考:過去にコラムで書いた政治家になった理由↓
http://otokitashun.com/blog/column/3866/

曲がりなりにも人生31年間生きてきて、いろんな人の体験談を聞くにつけ、
自分がいかに恵まれた人生を送ってきたのかを痛感する日々です。
だからこそ、その恩返しを社会にしたい気持ちが人一倍強いのかもしれませんが。。

就職活動のときも「挫折から立ち直ったこと」とか聞かれまくって、
正直すごい答えをひねり出すのに苦労してたなあ(別に挫折が皆無とは思ってませんが)。

ま、そのうち嫌でも「落選」という挫折は人生のどこかですると思いますけど(苦笑)。
こうした自分のバックグラウンドが果たしてプラスになるのか、マイナスになるのか、
そんなことを考えながら日曜日の夜はふけていくのであります。

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ