ひらけ、東京!!

大学を卒業して10年目に感じる、達成感と切なさと。【雑談】

日々のこと
LINEで送る
[`evernote` not found]

今日は色々あって夜の予定が偶然空いたため、
大学時代の親友の一人と盃を交わす機会に恵まれました。

彼は公私ともに波乱万丈の人生を歩んでいる人で非常に面白いのですが、
逆に学生時代にあれだけ面白かった連中はどこに行ってしまったのだろう…
とふと思うことも確かです。

つい先日、とある同世代向けの雑誌のインタビューを受けまして、

「同世代に伝えたいこと何ですか?」

と聞かれ、学生時代くらいもっともっと攻めて欲しい、
あの時の熱い気持ちを忘れずに活躍して欲しい
、と答えたことを思い出しました。

そうです、彼らは一体、どこにいってしまったんでしょうか??

大学時代の自分をご存知の方はお分かりの通り、
私は決して当時、学内でトップクラスに目立った人物ではありませんでした。
自分より優秀な先輩、同期、面白い人たちは山ほどいた。それに追いつくために必死だった。

でも卒業して10年経ってどうでしょう。
あれほどまでに焦がれ、追いつこうと思っていた彼らは、どこに行ってしまったんだろう…。

もちろん、結婚して、家庭ができて、落ち着くのは人間の節理です。
いつまでも「攻めて」いる人間たちばかりでは、人間社会は立ち行きません。

それでも「彼ら」は、きっといつまでもそうなんだろう…
と勝手に憧れていた自分にとって、10年後の今の状態は何か物悲しくて仕方ありません。

あの頃の未来に、僕らは立っているのかな?

当時は陳腐に聞こえたアイドルグループの歌謡曲の歌詞が、
突き刺さる年齢になったのだなあ…と思う週末の夜。

お酒のせいで、少々感傷的になったようです。
それでは、また明日。

ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿

LINEで送る
[`evernote` not found]

ページトップへ