ひらけ、東京!!

暗黒の中高時代に輝く「SF小説」という星のお話し【雑談】

日々のこと

最近意識の高いお話が続いたので(?)、
今日は久しぶりに雑談でも書こうではないか!

海外視察の帰りの飛行機でSF超大作映画

インターステラー

を観賞して、久しぶりにSF熱に火がついてしまいました。

スクリーンショット 2015-05-12 19.41.56 (2)

そうです私、知る人ぞ知るSF野郎なんです。
ハマったきっかけは忘れましたが、たぶんこのジャンルだけで
200~300冊は軽く読んでいると思います。

そういえばメールマガジンのコンテンツである書籍紹介で、
初めて取り上げたのもSF小説「キリンヤガ」でしたね。


大学時代に比べてとんと良い想い出のない中高時代ですけど、
図書館のSF小説の充実だけは非常に良かったと思ってまして、
密かに暇を見つけて図書館に入り浸っていたものでした。

アーサー・C・クラークの描く壮大な宇宙叙事詩に胸を打たれ、
田中芳樹の「銀河英雄伝説」でスペースオペラの虜になり、
グレッグ・イーガンの描写する圧倒的な科学に打ちのめされ…。

そういえば当時はエヴァンゲリオンが流行った時期でしたけど、
その頃にはすっかり

「エヴァ?ああ、クラークの小説(幼年期の終わり)のパクりでしょ?」

というくらい斜に構えた少年へと成長し、
宇宙の魅力に魅せられた私は宇宙工学の道へ…

進むわけもなく、落ちこぼれでオタクな文系少年へとクラスダウンしていきました。
ど う し て こ う な っ た 。

閑話休題。

SF小説の魅力を表すのは難しいのですが、
とにかく「未来に対する圧倒的な推進力」にあふれているんですよね。

ストーリーによっては人類が滅亡したりAIに支配されたり
様々な展開があるんですが、

「いつか人類は宇宙にいく」
「宇宙には、未来には、科学には、無限の可能性がある」

そんな哲学を徹底的に幼少期に叩きこまれたSF少年たちは、
不思議と大人になっても夢追い人を続けている方が多い気がします。
(堀江貴文さんなんかも、ロケットの開発をずっとやってますね)

あと余談ですが、SF小説にはロケットやワープや冷凍睡眠装置やら
色々な科学が出てくるのですが、「インターネット」を今あるのに近い形で
予測したものは案外少ない
点が個人的には面白いと思ってます。

ロケットがバンバン飛んでテレビ通話してるのに、
なぜかファックスとか固定電話を使う描写が共存してたりするんですよね。
全員SNSをやってるとか、昔の人からみたら仮想空間の世界だよなあ…。

ともあれ、私のオリジンを語る上で外せないSF小説という存在。
思いつくままにオススメ作品を貼り付けておきますので、
良かったらぜひ一読or子どもたちに読ませてみてください。

作品によっては小学校高学年くらいからお楽しみいただけますが、
中二病に罹患しても私は一切の責任を負いません
あしからず…。

それでは、また明日。


「星を継ぐもの」
超ハードボイルドSF科学ミステリー。
結末で震撼すること間違いなし。


「幼年期の終わり」
エヴァの元ネタとも言われる作品。
人類最後の日に、人は何を思うのか。 


「天の光はすべて星」
宇宙に憧れ続けたロケット野郎のお話。
ロケットは出てくるのに、作中の人々は固定電話で連絡とってます。笑


「ハイペリオン」
上下巻と続編の「ハイペリオンの没落」で4巻あります。
読み通す覚悟は必要ですが、絶対にその価値あり!


「タイムマシン」
迷ったけど、鉄板のこれもあげておこう!
人類の想像力は、19世紀にはここまで来ていたということがわかります。

あと100冊くらい紹介したいんですが、この辺りにしておきます。。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ