ひらけ、東京!!

HPになんて載らねえよ、地方議員 。~新党立ち上げの大変さアピールと告知~

日々のこと

1601521_873569869331172_8277520140791503293_n

今日も永田町で、5時~♪(AM)

いよいよ「日本を元気にする会」結成記者会見@ニコファーレ
明日に控えて、絶賛眠れぬ日々を過ごしています。

会場の手配、台本の推敲、ゲスト対応などADのような仕事に加えて、
発表する政策の細部の詰めなどを行っています。

新党結成って、こんなにやること沢山あるんですね…。

イベントも制作物もすべてが綱渡り状態ですが、
特にホームページなんて本当に時間との闘いです。

最近は新党が結成されたとき、HPの「議員紹介」において
だいたいの場合で地方議員が「準備中」とかなってるんです。

「おいおい、そんなに人数もいないんだし、地方議員もみんな載せてやれよ!」

なんて思ってましたが、まあ圧倒的に無理な時もありますね、これは。
限られた業者のパワーを選択・集中して作業を進めるとしたら真っ先に切るもの、それは私(地方議員)。
これが、現実…っ!

※公式ホームページのURLはこちら。(今すぐブックマーク!)
http://nippongenkikai.jp/
(20日AM10:00公開予定!)

そんな感じですべてがギリギリ族で恐縮ですが、
ようやくFacebook & Twitter公式アカウントも作成されました!

Facebook:
https://www.facebook.com/nippongenkikai
Twitter:
https://twitter.com/nippongenkikai

ぜひフォローやいいね!をお願いします。
そして明日の記者会見の概要は下記より。

『日本を元気にする会』結成記者会見~国政政党として未だかつてないコンセプトが明らかに~
ニコ生: http://live.nicovideo.jp/watch/lv206864211
Ust: http://www.ustream.tv/channel/nippongenkikai

私は僭越ながら、フリーアナウンサーの智恵莉さんとともに
司会を務めさせていただきます。同世代を代表する豪華ゲストとともに、
かつてないコンセプトを持つ政党の魅力をあますことなくお伝えさせていただきます。

ここには書けない「大物シークレットゲスト」も予定されており、
私も司会としてこんなメンバーを切り盛りできるのか大変不安&楽しみであります^^

私からも何人か、ぜひ登壇していただきたい仲間に声をかけさせていただいたのですが、
中にはわざわざスケジュールを調整して下さったゲストの方もおり、感謝しても仕切れません。。
新しい政治への挑戦とその刺激を共有することで、必ず恩返しをしていきたいと思います!

平日の日中ではありますが、ぜひともご覧 or タイムシフトを予約して下さい!
簡潔ですいませんが、準備に戻ります。それでは、また明日。

▼▲以下番組宣伝▼▲

「日本を元気にする会」結成を記念して記者会見と、
各界で活躍するヤング・カリスマを集めてトー クセッションを行います。
なぜ新党が必要だったのか?秘密のベールがいよいよ剥がされます!

【出演予定】
参議院議員
松田公太(代表)
山田太郎
井上義行
山口和之
アントニオ猪木

【ゲスト】
夏野剛(慶應SFC特別招聘教授)
佐藤大吾(NPO法人ドットジェイピー理事長)
津田大介(ジャーナリスト)
はあちゅう(ブロガー・作家)
松嶋啓介(ミシュラン一つ星レストラン オーナーシェフ)
FISHBOY(ダンサー)
高井香子(モデル、109ライター)
佐藤禎之(元自衛官、実業家)

※都合により登壇予定者が変更となる事がございます。

【司会】
おときた駿(東京都議会議員)
智恵莉(フリーアナウンサー / モデル)

【タイムスケジュール(予定)】

■第一部 11:00~12:15
日本を元気にする会結成記者会見

■第二部
トークセッション「日本、新展開」
(前半) 12:30~13:30
ヤングカリスマ座談会
(後半) 13:35~14:30
日本を元気にする会、徹底解剖!

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ