ひらけ、東京!!

先人の蓄積を使い、後世に負担を残す…「エネルギー」の罪深さ

日々のこと

不安視された天候もなんとか回復し、
夕張視察の初日行程がほぼ終了いたしました。

色々と拝見しましたけど、
個人的な本日のハイライトは、高松捨石集積場(ズリ山)。

10808036_608190992636680_1102939092_n

捨石場とは、炭鉱で石炭採掘をしている際に大量に出てくる、土の廃棄物置き場です。
純粋な土以外にも、質が悪くて出荷できない石炭などもズリ場に廃棄され、
どんどんと積み上げられていくことになります。こうしてできた山を「ズリ山」といいます。

10804942_836523123035847_1926511382_n

10427301_836522226369270_6185974307837162405_n

純度はズリ山ができた時期によって異なるそうですが、
石炭の山がこれだけ積みあがっているのは、なかなか壮観です。
こうしたズリ山が、炭鉱の街であった夕張市内にはいくつも残されています。

これの何が問題かというと、ただでさえいわば単なるゴミの塊であって負の遺産なのですが、
ここ夕張市においては平成24年、炭鉱の閉山から20年以上経って、
ズリ山がとんでもない自然災害を引き起こしたのです。

10394002_836522419702584_3522615941232807656_n

人工的に不自然に積まれたズリ山とズリ山の間に、
雪解けと大雨で水が溜まりに溜まっていく事象がいつしか発生しており、
これが一昨年決壊して、街の方にまで水害が発生しました。

10393987_836521983035961_7776414370287849196_n

財政破綻都市である夕張において、
放置されたズリ山まで気にする人はなく、
こんなところから鉄砲水が発生することは予想だにされてなかったそうです。

で、このズリ山、
当然放っておけば、また同様の被害が予想されるため、
ズリ山をなくすなり水路を作るなりして、対策をしなければなりません。

10393987_836521983035961_7776414370287849196_n

これを単なる公共事業として行うと、必要な財源はおよそ5億円。
一般会計規模が約110億円、市税収入が10億円未満の夕張市にとっては、
とてもポンと出せるような金額ではありません。

写真

そこで現在、夕張市が挑戦しているのが、
ズリ山に含まれる石炭のうち、発電所の調整炭として使えるものを採取し、
事業に必要なお金を捻出しよう、事業収入を上げようという取組みです。

初期投資は国に頼りながらも、10年間で工事費ゼロ、
つまり事業収支を均衡化させることを目指していくそうです。

…ちなみに実際に着手している事業者の方の話では、
このまま技術的なイノベーションが起こらない前提で作業を進めると、
ズリ山を消滅させるためには330年必要になるそうです。うわあ…

しかしまあ。

蓄えられた資源でエネルギーを使うだけ使って、
後世に多大な負の遺産を残していく。
これって、どこかで聞いたような話だと思いませんか?

そう、スケールは違えど、原発もやっぱり一緒です。

炭鉱の街として栄え、そして急激に廃れていった夕張市。
今の原発立地体も、同じような運命をたどるのでしょうか…。

爆発的な力をもたらすエネルギーの罪深さと、
同じことを繰り返す人間の愚かさを、雄大な北海道の大地で感じた次第です。

10799779_836567526364740_1101234370_n

今夜はバブル期の夕張市が20億円(!)で買い取った、
ホテルマウントレースイにて宿泊体験です。※宿泊費は自腹

よく行政が、こんなのものを持とうと思ったよね…
絶対ダメでしょ。。

明日はそんな行政的な視点から感じた、
夕張レポートをお届けできればと思います。
それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ