ひらけ、東京!!

「都立病院」へのご意見、改善点・問題点など教えてください!

日々のこと

さて、10月より所属が厚生委員会へと変更されたわけですが、
こちらが担当するのは東京都の「福祉保健局」「病院経営本部」になります。
来月の委員会では、両庁が所管する事務事業について自由に質問が行えます。

東京都福祉保健局
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/
東京都病院経営本部
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/

福祉保健局(旧:衛生局)はその名の通り、
子育てから介護まで幅広い社会保障分野を司る部門で、
その年間予算は1兆円を超える都庁でも最大規模の局です。国でいう厚労省。

こちらについては政策提言がたくさんあると言いますか、
私が当選前からライフワークとして研究してきた分野が多数存在しているので、
質問の絞り込みが大変なくらいです。

現在のところ、

・シルバーパス制度について(不正使用や今後の適正化について。しつこくやります!)
・東京都の児童福祉施設について
・医療的ケアが必要な障害児支援について
・子育て支援、特に保育士不足の解消について(特区制度の活用など)
・受動喫煙防止のための取組みについて(スモークフリーオリンピック!)

を予定しております。
盛りだくさんなので、コンパクトにまとめねば。。

一方、まだ質問がまとまらないのが、病院経営本部への質問。

医療分野については不勉強、とまでは申しませんが、
やはりまだまだ未熟であることは否定できません。

写真 1

事業概要や膨大な資料と格闘しながら考えているものの、
広範な都政すべてに精通し、プロである都職員を唸らせるような
質問を作るというのは、やはりなかなか難しいものです…。

そこで、皆さまからのご意見やお知恵もお借りしたく。

現在、東京都が運営している都立病院は

・広尾病院
・大塚病院
・駒込病院
・墨東病院
・多摩総合医療センター
・神経病院
・小児総合医療センター
・松沢病院

の8病院で、都内の総病院病床数のうちの4%程度を都立病院が占めています。
財政規模は、平成26年度の予算で2200億円強です。

写真 2

「都立病院のこういう部分は改善した方がいい」
「これって無駄遣いだから、やめた方がいいのでは?」

というユーザー目線のご指摘から、

「そもそも都立病院は、かくあるべき!」
「○○を××して、民営化した方が良いのでは?」

という経営者目線でのご指摘まで、
お気軽にご意見をお寄せいただければと思います。
一つ一つ丁寧に調べ、極力質問に組み込ませていただきたいと考えております。

ご連絡は「お問い合わせフォーム」から!
http://otokitashun.com/contact/

ある意味、議員は新聞記者みたいなところがありまして、
ネタとなる情報を得てそこをいかに掘り下げていくか、
というのが一つのやり方・突破口になります。

やはりそうした情報は、実際に都民の方から、
あるいは専門家・有識者から得られることが多いのです。

もちろん、都立病院以外に、あらゆる都政の問題についても
いつでもご連絡はお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

病院経営本部の質問日は、11月18日(火)。
それまでにおときたは、都立病院と医療政策に精通できるのか?!

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ