ひらけ、東京!!

プロの不動産屋が、絶対住居に選ばない物件とは?【雑談】

日々のこと

本日は、とある用事で地元の不動産屋さんとお話しをする機会がありまして。

写真
(写真はイメージで、本日のお話しとは関係ありません)

最近の都内や北区の住宅事情を聞きながら、
話は雑談になっていったのですが、その中で

「プロの不動産屋が絶対に、住居として選ばない物件」

というのを教えてもらいました。
なんだろう…事故物件?迷惑施設の隣接物件?

答えはもっとシンプルでした。
ずばり、

「飲食店が1階に(建物のどこかに)入っている物件」

だそうです。
へえぇぇ。これって常識なのかな?知らなかった。

「1階がお弁当屋さんとかだと、便利じゃん」
「仲良くなったら、廃棄とかもらえるかもしれないし!←」

くらいにしか思ってなかったし(せこい)、わりと都心では
そんなマンションをよく見かけるので、考えたこともありませんでした。
その理由としては…

1. 騒音

24時間営業のお弁当屋さんや、深夜営業のファミレス・居酒屋だと
深夜の時間帯まで音が響くので、階層が近いと厳しい模様。

2. 臭い

料理や油のにおいは、ちょっとやそっとでは取れません!
窓を閉め切ったところで、集合住宅は水道管がつながっているので、
水場から必ず飲食物のにおいが立ち込めてくるそうな。

3. 虫とネズミ

そして最大の外敵が、この二大巨頭ダァァァ!(グラップラー刃牙風
理由は言わずもがな。どんなに駆除しても消毒しても、飲食店が同じ建物にある以上、
完全に防ぐことは不可能です。音と臭いに耐えた猛者たちも、次々と討ち死にしていくそうです。

うーん、確かに。。

私、どこでも寝れるという特技がありまして、
利便性が高ければ音や臭いは我慢できそうな気がしますが、
さすがにゴ○ブリや蠅と毎日格闘するのは気が滅入りそうです。

実際に、飲食店が入っている集合住宅は、
住人の定着率が統計上有意に低いそうな。
だいたい、1年以内に出て行ってしまうとのこと。

以上、私としては初耳だったので、ちょっとしたプチ情報のおすそ分けでした。
引っ越しを考えてる方、何かの参考になるかもしれません?!

明後日が文書質問の締め切りのため、
月末の明日は都庁で終日最後の追い込み&仕上げといきます。

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ