ひらけ、東京!!

守るものがあるから、攻められる。人が「独立」を決意する、それぞれのきっかけ【雑談】

日々のこと

世間が本格的なお盆に突入しまして、
政治の世界にもややまったりとした空気が流れています。
この機会に、溜まった資料を読んだり事務仕事をしたり…。

そんな中、本日は久しぶりに再会する、
懐かしい先輩たちと杯を交わして参りました。

10612891_691924150883944_8354793374284970927_n

誰もが知っている大手広告代理店に勤めながら、7月末に退職して独立。
彼とは20代中盤の血気盛んな頃、飲み会をしたり飲み会をしたりで、
それはもう一緒に激しく遊び倒しておりました(苦笑)。

良くある話で、そんな先輩とも結婚をして家庭を持った頃からでしょうか、
いつしか疎遠になっていました。今月末には、第一子も誕生するという彼。

非常に頭がキレて、優秀な仲間も多かった自慢の先輩で。
そのまま会社勤めをしていれば、何不自由ない生活が保障されていたことでしょう。
どうしてそんなタイミングで、「独立」という極めてリスクのある決断をしたか問うたところ、

「子どもが実際に産まれてきて目にしたら、もう動けなくなると思った。
 独立して、挑戦するなら今しかないと、逆に決断するきっかけになった」

という言葉に、目からウロコが落ちる思いでした。
だって、結婚したり子どもができると、基本的に人は(良くも悪くも)
「守り」に入るものだと思い込んでいたから。

「守るものがあるから、攻められる」

彼が実際に仕事で携わった、とある車のキャッチコピーです。
これを地で行く生き方を選択した先輩の姿は、一緒に遊び倒していたころより、
数倍も数十倍も格好よく見えました。

まだまだ大学新卒・大企業就職・終身雇用が羨望される世の中において、
同じくレールから外れてしまったもの同士、これからはまた
今まで以上に親密な関係が築けそうな予感がします。

枠組みや常識に囚われず、挑戦する仲間が身近にいる。
そんな事実に勇気をもらい、私も改めて、この古い政治の世界で
闘いを続けて行こうと決意を新たにしたお盆休みのスタートでした。

明日からまた少し、遠出をする予定ですが、
ブログは極力更新していくつもりです。

それでは、また明日。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ