ひらけ、東京!!

取り戻せ、私たちの政治。失うな、本物の政治家を。

日々のこと

「政治家は、全員の代表ではなく、選挙に行く人たちだけの代表です」
「一票では何も変わらないのではなくて、その一票でしか、政治を変えることはできません

私が議員になる前の街頭演説の中で、
特に好んで使っていたフレーズの2つです。
これは別に、自分のオリジナルでもなんでもありません。

思い起こせば約2年前。
当時は単なる「政治家志望」で、コラムのネタ探しに
政治のことをネットで調べていた私は、衝撃的な政治家を発見しました。

「政治に人生を捧げた」と公言し、議会活動や政治信念が
満載されたチラシを、自身の手で市内20万戸に配り続ける男。

「政治とは何か」「民主主義とは何か」を圧倒的に問い続け、
それを自らの言葉で発信することができる男。

それが、西宮市議会議員の今村岳司さんでした。

1970360_605928299482218_2677666_n

26歳で初挑戦の市議会選挙トップ当選。
多くの若手政治家が

「公式HP(ブログ)で毎日情報発信中!」

なんて言いながら、次々と更新をやめていく中で、
4期15年にわたって質・量ともに圧倒的な内容を発信し続けています。

特にここのアーカイブに入っている珠玉の文章たちは、
政治家を目指す若い人なら絶対に読んでおいた方がいい。
http://xdl.jp/lyrics/index.html

政治家志望でない方は、こちらのスライド紙芝居
「よいこのみんしゅしゅぎ」がオススメです。
http://xdl.jp/lyrics/demokratia/demo01.html

「わかりづらい政治を、面白く、圧倒的な内容で伝える」

これがここまでできる政治家を、
私はこれまで見たことがありません。
コラムを書くとき、チラシをつくるとき、いつも参考にしていました。

ひょんなことからFacebookでつながり、お会いしたことはなかったけれども、
その今村さんがついに4月20日投開票の西宮市長選挙に挑戦されるとのこと。

「乾坤一擲。たった一度です。
 私が提案する政治を西宮が選ばないとすれば、
 西宮から必要とされなかった私はこの西宮から永遠に去ります。
 そして、とうぜん、政治という世界から永久に足を洗います。」

(レコンキスタ西宮 機関紙第7号より)

彼が負けるとはまったく思わないけれども、
結果が出る前にどうしても一度お会いしてみたくて、
奇跡的に予定が入らなかった日曜日に、弾丸日程で兵庫へ向かいました。

写真 1

「今村に投票(いれ)るかなんて、二の次でいい。
 そんなことはいいから、とにかく、絶対に、投票に行って欲しい」

「あなたが投票に行かないことで被る被害は、
 あなたではなくて、未来の子供たちが被る被害です」

すべては、あしたの西宮のために。
組織票と既得権益に奪われた、私たちの西宮を取り戻すために。

自分の当落、人生がかかった選挙にも関わらず、
まったく選挙オリエンテッドではないメッセージを繰り返す彼に
今日お会いしにきたことは間違いではなかったことを確信しました。

1961904_606878809389040_1734408123_o

まだもう少し、彼の創る政治が見てみたいから。
まだもう少し、我々若手政治家の、ロールモデルであって欲しいから。
あたらしい若き青年市長の誕生を、心から願ってやみません。

「政治家の仕事は議会にある。それ以外は、する必要はない」

と言い切り、式典や地域行事をほとんど避けて自分の道を進む彼の姿は、
後援会づくりだの餅つきだのに悩む自分にはときに眩しすぎるのだけど、
そんな彼も新人議員の時にはさんざん悩み迷い、今の境地に達するまで7年かかったそうです。

これほどまでの決意と年月をかけて創られた政治家を、
今年の4月で政界から永遠に失うわけにはいきません。

写真 3

決戦(西宮市長選挙)は、4月20日(日)。
西宮のお知り合いの方はもちろん、そうでない方も何らかの形で
今村岳司の活動にご注目いただければ幸いです。

うっし、自分も明日からまた頑張ろう!
それでは、今日はこのあたりで。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ