ひらけ、東京!!

8月と言えば…原爆忌に終戦の日。今こそ「保守思想」について考えませんか?【ゲスト:古谷経衡】

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

あっという間に7月が終わって8月のスタートですね。もう暑さ的には、十分に真夏感を味わった雰囲気があるのですが…。

議会も閉会期間ということで、インプットや事務処理に努めながら、各種の地域行事に顔を出させていただく毎日です。

さて、8月といえば2つの原爆忌に終戦の日と、先の大戦や歴史を振り返るきっかけとなる季節です。

それに伴い、政治的には靖国参拝の是非を筆頭として、あの戦争や歴史に対する評価や「愛国心」といった思想・信条が議論される時期でもあります。

その国や共同体が持つ歴史や伝統に重きをおき、自然と愛国心が強くなる政治思想を総じて「保守」と呼んだりしますが(反対の概念が革新・リベラルですね)、じゃあそもそもその「保守」思想ってなんじゃらほい?

時折、私も自身のブログや講義で取り上げてきましたが、今月は気鋭の若手保守論客・古谷経衡氏をゲストに迎えて、下記の勉強会を開催したいと思います。

宇佐美典也と音喜多駿の「ゆるい政治」 #6
「保守とは何か?保守論壇はどこへ向かうのか?」

https://peatix.com/event/415063

今まで私も保守思想・保守論壇と言えば、なんだがガッチガチで真面目な人たちが喧々諤々の議論を繰り広げている空間だと思っていました。

しかしながら、最近発売された古谷さんの自叙伝的小説「愛国奴」を一読し、「保守論壇崩壊」とも言える状況を目の当たりにし、様々な意味で自分自身がもっていたイメージが覆されたところであります。

当日はこうした保守論壇の現状をつぶさに見てきた古谷さんとともに、論壇の実情はもちろんのこと、「保守」という本来の政治思想についてもわかりやすく議論していければと考えています。

テレビでよく見る、おときたVS古谷の激論も生で見られる…かも?!

この分野には、右より官僚(?)であった宇佐美典也さんも一家言ですから、そのあたりの絡みも楽しみですねー。

日時は8月17日(金)19時からとなっています。入場チケットには限りがありますので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください。

なお、オンラインサロン「ゆるい政治」のメンバーになりますと毎月の勉強会が無料で参加できます。こちらも合わせてご検討いただけますと幸いです。

それでは、また明日。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ