ひらけ、東京!!

東京五輪では、喫煙所が不足する→「野良喫煙所(非公式喫煙所)」が出来る展開を阻止せよ!

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日はオリパラ特別委員会で長時間に渡る質疑が行なわれました。

私からもボランティア募集(案)や輸送計画などについて40分ほど質疑を行いまして、本日は受動喫煙対策について取り上げた部分をご紹介。

委員会では、都職員や五輪組織委職員が参加してきた「平昌オブザーバープログラム」の知見が報告されました。

平昌五輪の開催中に他国のスタッフを受け入れ、五輪運営のノウハウを共有するものなのですが、平昌五輪でも当然「スモークフリーオリンピック」が掲げられています。

なので公式には、観客をタバコの副流煙にさらさないため、会場周辺には屋根付き・囲い付きの立派な喫煙所が整備されていることになっています(その写真は撮ってくるの忘れた…)。

ところが。。

その喫煙所だけでは数が不足しているためか、残念ながら仮設トイレの周辺などで喫煙している観客の姿が多く見られました。


(平昌五輪開会式当日に、おときた撮影)

現地でオブザーバープログラムに参加した職員にも確認したところ、やはりどうもこうした喫煙所は運営側が公式に用意したものではなく、自然発生的に生じてしまった「野良喫煙所(非公式喫煙所)」だった模様です。

そして別の時期に平昌に訪れていた都議の話でも、こうした非公式喫煙所を多数見かけたとのことです。

おそらく観客数とそのうちの喫煙者の割合などの需要予測を見誤り、喫煙所のキャパシティが圧倒的に不足していたのだと思います。

いくら流煙対策が完璧な喫煙所を用意して、公式パンフレットにはそれが載っていたとしても、実態として野良喫煙スペースが生じてしまっては意味がありません。

私からは改めて、

・東京五輪においては十分な数のオフィシャル喫煙所を整備すること
・その所在地が簡単にわかる案内図やアプリを作成すること
・それが結局は快適な分煙や受動喫煙防止対策につながること

を指摘・提案しました。

リンク先のニュースは消えてしまっていますが、いま制定に動いている受動喫煙防止条例に関連しても、喫煙所整備のために予算が投資される方向性が検討されています。

非喫煙者の方からすれば、

「なぜタバコにこれ以上、お金を使わなければいけないのか!」
「喫煙者がちょっとの間がまんして、遠くの喫煙所に歩けばいいだけだ!」

と思われるかもしれませんが、現実問題としてまだまだ喫煙を楽しむ方も多数おり、それに対する喫煙所が不足すると、結局のところ非喫煙者たちも不愉快な思いをすることになります。

喫煙整備に投資をするというのは、喫煙者と非喫煙者が快適に共存するいわば「落とし所」ではないでしょうか。

東京五輪においては、野良喫煙所(非公式喫煙所)ができることのないよう、引き続き対策を提言して参ります。

それでは、また明日。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags: , , , , ,

ページトップへ