ひらけ、東京!!

超カンタン!明日から誰でもできる災害対策

日々のこと

image (1)

image

先週末は地元王子本町での防災訓練、
東京都消防操法大会に出席と防災の秋真っ盛りでございました。

色々とポンプの操作とかをさせていただきながら
防災についてアレコレ考えていたのですが、3.11から丸2年半が経過して、
さすがに危機感が薄くなっている人も多いんじゃないかと思います。

日頃から心がけておいたほうがいいことはもちろん無限にありますけど、
被災地に40回以上通い、現地の方から被災当時のお話を数多く伺ってきた
震災ボランティア野郎である僕が

「これだけは!」「誰でも!」
「すぐできる!」「やった方がいい!」

ということを、今日はあえて
1つだけ選んでお伝えしてみたいと思います。

それは…

まとまった現金を持ち歩く。

ほんとコレですね。

東日本大震災クラスの災害が起きた場合、
インフラが回復するまで1ヶ月以上かかることも考えられます。

文明が停止した状態では、クレジットカードを使うことも、
ATMでお金を下ろすこともできません。電子マネーやお財布携帯なんて
文字通り

「何それ美味しいの?」

状態になります。

発災から少し経って、物資の流通が始まる段階では
唯一有効なのは現金のみなのです(もしくは物々交換か)。

今回の震災では、通帳や印鑑・身分証明書がすべて流されてしまっても
特例で一定額までお金を引き出せるサービスを
一部金融機関が行ってはおりましたが、

「まとまった現金を持っていて、本当に良かった」
「貯金はあるのに現金がなくて、本当に困った」

という意見を数多く耳にしました。
発災時にどれくらい手元にお金を持っていたかで、
その後しばらくの生活水準にかなりの差が出たようです。

特に最近の若い方は、危ないのでまとまった現金は持ち歩かず
電子マネーとクレジットカードを中心に生活する方も多いと思います。

実際、私もそういうタイプで最近も現金を持ち歩いてなかったのですが、
防災訓練を受けながら改めて常に数万くらいは
財布に入れておかないとなーと感じた次第です。

その他にも、車で移動される方はこまめに
ガソリンを満タンにしておくなどされるといいと思います。

というわけで防災の秋、皆さまも身の回りを
少しだけ見渡して、改めて発災時の対応について
考えを巡らせてみてはいかがでしょうか?

それでは、今日はこの辺りで。
今週は決算づくしですが、金曜日まで頑張ります。。

おときた駿、人生初の著作、ついに発売決定!!
前代未聞のエンタメ政治入門本

「ギャル男でもわかる政治の話」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ