ひらけ、東京!!

2度目のHPV(子宮頸がん)ワクチンの接種&都庁・都議会のセキュリティが強化されました。

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

予算特別委員会など各種準備が続く毎日ですが、本日は2度目のHPV(子宮頸がん)ワクチンの接種へ。

ワクチンに慎重なスタンスを取る方々からは「1回しか接種しないで逃げるつもりだろう」など指摘(?)されておりましたが、もちろんきちんと規定回数を受けますよ!

画像だけだと「実は受けてない」くらいに言われる恐ろしい世界なので、今回は動画なども。。

それにしても、久住先生(ラガーマン)と腕の太さが2倍くらい違う…!私も鍛えねば(そこ?)。

男性議員だけど、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)を接種してきた
http://otokitashun.com/blog/daily/16734/

こちらの過去記事でも触れた通り、HPVワクチンは喉頭がんの予防など、男性が受けても効果があります

ナビタスクリニック新宿では男性の接種も対応していますし、23区にお住まいの対象年齢女性であれば公費(無料)で受けられます。

前回の記事をアップしてから接種のため訪れる男性も増えたとのことで、喜ばしいことですね。

引き続き、エビデンスに基づいたワクチンや医療に対する正しい知識が広まるよう、継続して活動して参ります。次回のワクチン接種は6月前後の予定です^^

一人では受けに行く度胸(?)がない…という方は、ぜひともご一緒に!

ジョンマドックス賞を受賞した、村中璃子さんのこちらの著作も併せてご一読くださいませ。

さて、そして本日来庁者に驚かれたのですが、2月から都庁及び都議会議事堂のセキュリティが強化されています。

私が初当選したときは受付も何もなく誰でも入り放題で(牧歌的な時代であった…)、2年前頃からガードマンが常駐して受付票に名前などを記名する形式に。

そしてついに今月からセキュリティゲートが稼働、受付をしてもらったカードがなければ通行できない仕組みになりました。

国会議員会館などと同様の仕組みですね。ただ、アポイントの確認などを議員あてにするわけではないので、まだ国会などに比べるとゆるい部分はあるのですが…。

来庁者の皆様には手続きが煩雑になりご迷惑をおかけいたしますが、厳しい世相を反映した対応にご理解をいただけますと幸いです。

それでは、また明日。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ