ひらけ、東京!!

都政の報道量低下→都庁記者クラブからもどんどん人が減少。。

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日は私が所属する常任委員会である公営企業委員会の議案説明が行われ、新年会シーズンを終えていよいよ議会モードになってきたなという感じです。

一方で最近、都庁や都議会議事堂に来庁される方々から、

「なんだか都議会議事堂、静かになりましたよね…

と心配されたりもします。

もちろん議会閉会中に人が少ないのは仕方ないことなのですが、最大の要因は都政のメディア露出量ですね。

昨年の今頃は小池知事の一挙手一投足に注目が集まり、都庁や都議会議事堂にも常に記者やメディア関係者がウロウロしている状態でした。

それに比べると現状の、なんと寂しいことでしょう…。

「今年は大型選挙がないので、政治報道の量は減る。それを補うために各議員や会派・政党が情報発信にいっそう努めなければ!」

と以前から主張してきましたが、想像通りというか想像以上というか。

実際に、都庁記者クラブに配属されている記者さんたちも、本社に呼び戻されたりで人数が減りつつあるようです。

個人的には、マスコミ的に唯一キャッチーだった「受動喫煙防止条例」の提出が本定例会では見送られたことで、完全にメディア関係者が冷え切った気がします。。

もちろん、マスコミの耳目を集めなくなったからといって、都政には待機児童や介護医療など、まだまだ課題が山積みです。

東京のメディアであるMXテレビなどは、比較的しっかりと都政を取り上げてくださっています。

というわけで、明日17日は久しぶりに「田村淳の訊きたい放題!」に出演し、1時間たっぷり都政ネタとのことですので、ぜひともご覧いただければ幸いです。

こうしたときこそ風に流されることなく、地に足をつけた政策提言をしていくタイミングでもあります。

情報発信と政策提言の両面に、引き続き尽力して参ります。

それでは、また明日。

私は何を間違えたのか?
自らの過ちを認め、都政への提言を記す話題の新刊

「贖罪」― 偽りの小池都政で私が犯した過ち ―

Amazonで購入する

贖罪
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


ページトップへ