ひらけ、東京!!

気鋭の40代候補が4人で大混戦!市川市長選挙は、高橋亮平候補を応援しています

日々のこと

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

なかなかハードな状況であります(^^;)

家庭を持ってから、子どもがもらってくる病気で罹患というケースが増えたなあ…いや、単なる加齢かもしれませんけど。。

そんなわけで本日は簡潔に。

先週の日曜日から、千葉県市川市の市長選挙がスタートしています。

【市川市長選】田中氏・坂下氏・村越氏 横一線。高橋氏と小泉氏が追い上げる【電話世論調査】
http://go2senkyo.com/articles/2017/11/21/33556.html

現職市長の引退に伴い、5人の新人候補が立つ乱戦模様で、しかもそのうちの4名が40代の若さという異例の展開です。

さらに、どなたも「元衆議院議員」「元県議」「元市議」といった政界での実績があり、誰をとってもいわゆる「泡沫候補」と言われる候補がいない大激戦模様となっています。

選択肢が多いということは、政策論争が深まって市民にとって良いことだと思います。

その中で私は、かねてからお付き合いがあり、勉強会の講師なども努めていただいた「高橋亮平」候補を応援しています。

高橋亮平候補は市川生まれの市川育ち、20代から市川市議会議員を2期務めるも、前々回の市川市長選挙で惜敗。41歳となった今年、二度目の挑戦となります。

市議として確かな実績があるのはもちろんのこと、高橋亮平さんは大学生時代にシンクタンクを自ら設立し、あの「18歳選挙権」運動を牽引してきた立役者でもあります。

プライベートではなんと、5人(!)の子どもを持つ父親です。

子育て世代の代表者として、全国でも待機児童数ワースト4となってしまった市川市政を、将来目線で立て直して下さることが期待できます。

高橋亮平 公式サイト
http://www.ryohey.jp/

市川市長選挙の投票率は、なんと毎回20%台前半に留まっているとのこと。4人に1人しか投票に行かない選挙で、首長が決まるのが望ましいはずがありません。

ぜひ市川市民の皆さまは、今週日曜日までに投票に行っていただき、「高橋亮平」候補への清き一票を宜しくお願いいたします!

それでは、また明日。

ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

ギャル男でもわかる政治の話
おときた駿

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿


Tags:

ページトップへ